ようこそ! 愛用のカメラLX2で撮った写真と日記


 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ルスツ  07/08 8回目 ?

憧れの(10年ぶりの)北海道!
行って来た人みんながいいと言うルスツ!
今年、滑りに行くチャンスが来ました。

3週間前のこと。
はなちゃんが札幌の家に行く用事があって、ボードしに一緒に来てもいいよとのこと。
はなちゃんはスキーもボードもやらないので、昼間は札幌で買い物や家の用事を済ませ、その間私はゲレンデへ。
ゲレンデから帰ってくるまでにお風呂沸かして夕飯の準備しておいてあげるよ、彼氏も連れてきたら?と。
なんて有難い。にこっ  はなちゃん神様です。
しかも、飛行機のチケットは、はなちゃんの株主優待券で買ってもらって、定価の半額に!やったぁ

人見知りな彼氏は来ないだろうと思いながらも聞いてみたら、「行きたい」とのこと。
よっぽど北海道行きたいんだね。

早速、はなちゃんに飛行機を手配してもらい、私は札幌-ルスツの往復バス+リフト券と、千歳までのバスの手配。
行く日が待ち遠しくて、何度もルスツのHPを見たり、クチコミを読んだりして、すっごく楽しみにしていました。

出発1週間前、ボードケースに荷物も詰め、あとは宅急便で出すだけってころ、彼氏が仕事で行けなくなりました。
可哀想だけど中止にする気はなく、遠くて大規模なルスツをやめて、別のゲレンデに1人で滑りに行こうと下調べ。
1人で長時間スキーバスに乗るのはつまらないから、札幌から近くて、コースが複雑じゃなくて(1人で迷子は嫌)、
でも滑りごたえがあって、日帰り用のロッカーや宅急便がちゃんと完備していて、スクールもあるところ。
1日1人で滑ったことがないから分からないけど、寂しくなるかもしれないから、午前中スクールで午後は復習。
隠してはいないけど、コソ練・ぬけがけ練に憧れていたので。(最近、彼氏の上達についていけないから)
いろいろ調べて、札幌国際にしようと決めた。

1人でもゲレンデに行けると確信し、はなちゃんに、彼氏の分だけ飛行機のチケットの払い戻しをお願いすると、
「Oさんに、行かない?って声かけてみたら?」と。

安比に一緒に行った、前の職場の同僚(ほんとは先輩)、Oさん。
はなちゃんも、前の職場で同僚(一緒に転職し、今も同僚)なので、Oさんとも元同僚(ほんとは先輩)。

出発日まであと4日だし、彼氏の代わりだし、北海道まで行くってのに私が仕事を休めないから
土日の2日間だけ(金曜は前泊するけど)だし・・・と、全く期待をせずにメールでお伺い。
「行く」って。
聞いた私がビックリ。
彼氏の代わりでもOKで、土日という日程も、料金も、ルスツもOKだって。

こんな直前にバタバタと、一緒に行く相手が変わるなんて思わなかったけど、ルスツへ行くって目的は変わらず。


さて、出発当日。
2/29(金)の夜、羽田に集合。
はなちゃんと私は、職場から羽田へ。
Oさんは、自宅待機中(失業中)なので、家から羽田へ。

飛行機に乗るまでの間、時間つぶしによーじやカフェへ入りました。
きなこのスムージーが美味しかった。
P1030202.jpg


空弁を買い、飛行機に乗り込み、千歳へ。
はなちゃんは乗り物に弱いらしく、眠るってことだったから、私とOさんは空弁を食べながらOさんの恋愛話を聞き、
あっという間に千歳へ。
そこからJRに乗って札幌へ行き、はなちゃんの家でお風呂に入れさせてもらって寝ました。
安比では夜中のおしゃべりをしすぎたので、今回はおしゃべりなし。
布団に入ったら無言で(「おやすみ」もナシ)寝ました。

スポンサーサイト
【2008/03/03 13:11】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 ルスツ  07/08 8回目 ?

3/1(土)

ルスツ1日目。(いつもながら、前置きが長すぎて、やっと滑走1日目)

予約したスキーバス「リゾートライナー」は、はなちゃんの家から歩いて7、8分のところにある札幌アスペンホテルから
乗車することになっている。
7時40分出発で、10分前には集合しているようにってことだったので、はなちゃん家を7時20分に出ました。
(逆算して、6時45分起床。眠い・・・zzz
ホテルの入り口を入ると、同じようにスキーバスを待っている人たちが何組かソファーに座っていました。
他のスキーバスも迎えに来て、バスから降りてきた係りの人が予約の名前を確認してお客さんをバスに乗せて
出発してったりして、ふと海外旅行のピックアップバスを思い出しました。

私たちの待つリゾートライナーが来て、若い男の人が名前の確認をし、リフト1日券の引き換え証をくれ、
バスに案内してくれました。
着ぐるみを着た子供?がスノーボードをしている絵柄のバス。
普通の観光バスじゃなくてちょっと可愛いじゃん。
こんな絵をバスに描いちゃって、このバスは冬だけ使うのかなぁ。

P1030206.jpg


バスに乗ると、さっきバスに案内してくれた人が運転手さんでした。
マイクで途中休憩の案内をアナウンスしてくれたりして、点呼係員 兼 運転手 兼 バスガイド なのね。
安比に行ったときは、深夜の送迎バスなのに、しっかり化粧をした若いバスガイドさんが乗っていて、
無駄だなぁ・・・と思ったので、とても好感が持てました。

朝食は、Oさんが昨日焼いて持ってきてくれたパンをバスの中で食べました。
生地にはほうれん草が練りこんであって、プレーンと、中にゆで卵のマヨネーズ和えを入れて焼いたものと、
キリのクリームチーズを挟んで焼いたものの3種類。
プレーンは、ほうれん草の風味が一番生きていておいしかったし、ゆで卵もお惣菜パンの王道って感じで良かったし、
クリームチーズのもコクがあってほうれん草と合っていておいしかった。
Oさんありがとう。
写真撮っておけばよかったな。

2時間ちょっとでルスツに到着。
宅急便で送った荷物を受け取り、更衣室で着替え、要らないものをロッカーに預け、やっとゲレンデへ。
車じゃないと、この手間がちょっと面倒くさい。
重い荷物を抱えて更衣室どこだ?どこで荷物広げる?ロッカー空いてるか?などなど。

ゲレンデに出て、リフト券を引き換え、ゴンドラへ。
3つの山からなるルスツ、とりあえず一番遠い「イゾラ」を目指そうということになりました。
ゴンドラを乗り継ぎ、真ん中の山「イースト」へ。
Oさんが、リフト券売り場でもらった地図を広げ、「イゾラ」へ向かうには、どう滑ってどのリフトに乗るか見てくれた。
私は今回おニューの手袋がミトン形なので、すぐには地図を広げられないので、お任せ。

イゾラ山頂。
ゴンドラを2つ乗り継いで、更にリフトに乗って到着したのに、ホワイトアウト。
うぅっ、どこがコースなのか分からない。
視界が悪くて、ちょっと離れるとOさんとはぐれそうだし、ぜんぜん前が見えないので遭難しそうで怖くて滑れない。
2年前にOさんと行った、蔵王2日目を思い出しました。
あのときもコースアウトが怖くて滑れなくて、知らないスキーヤーの集団の最後尾に付いて行きました。
「誰か滑って来ないかなぁ、コース分かってる人の後ろを滑りたいねぇ」と話してても、誰も滑ってこない。
しばらく待つと、スノーボード5人組が霧の中から現れました。
ちょっとジャンプしたり、クルっと回ったりしてアクティブな感じ。
置いてかれてはイカンと、慌てて立ち上がって追いかけるようにスタートしました。

・・・・遅い。
何度も追いついては止まって間隔を取っての繰り返し。
止まって、「贅沢言ったらいけないけど、遅すぎるね。霧の中で見つけたときは勢いがある感じだったのに。」と
Oさんと話しながら間隔を取る余裕アリ。
それでも先頭で行く勇気はなく仕方がないので、下界の視界が開けるところまではガマン。

・・・つまんない。
上の斜度があるところはホワイトアウトで恐る恐る。
下界の視界がいいところは超緩斜面。
一つ前の「イースト」に戻ろうかってことになって戻ってみると、さっきより霧が出てる。はあ
やる気がなくなって、スタート地点の「ウエスト」に戻ろうかということになった。
標高低そうだから、霧も出てないんじゃないかという判断。

IMG_0649.jpg


確かに霧はなかったけど、つまんない。
コースが短すぎて、でこぼこで、急斜面か超緩斜面のどっちかしかない。
つまんなーい。

すっかりやる気をなくして、バスの時間にならないかと時計ばっかり見てました。
気が乗らないのでリフトに乗っても無言で、私は、夕飯のことばかり考えてた。
今夜は、いくら丼とカニだからね。
もうそれだけが楽しみ。

滑りに行って時間が足りない!と思うことはよくあるけど、こんなに帰りたいと思ったのは初めてでした。
今までルスツに来た人は、「ルスツが一番!すっごい楽しいよ」と言っていたけど、あれは何だったの?
どうして私たちだけ楽しくないの?
せっかくこんな遠くまで来たのにこれ?
スキー場の選択を間違えたのかしら????
こんななのに、どうしてこのスキー場はこんなに有名なの?
広いから?
でもヘボコースしかないじゃん。
謎だらけ。

札幌に戻って、はなちゃん家で、夕飯を食べてテレビを見て寝ました。
つまらなかったけど、疲れて眠くて、テレビを見てる間に床暖房の上で居眠りしたのが気持ちよかった。
床暖房ってホットカーペットとは比べ物にならないくらい暖かいのねぇ。
初体験でした。

P1030208.jpg

はなちゃんが昼間に佐藤水産で買ってきてくれた筋子手まり漬け・ルイベ、閉店前の大丸に3人で出かけて、
半額になってるのを買ってきた毛ガニ。
北海道の夜は贅沢デス。


【2008/03/03 13:21】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 ルスツ  07/08 8回目 ?

3/2(日)

ルスツ2日目。
昨日と同じ場所から同じ時間にバスに乗って、再びルスツへ。
昨日と違うのは、今朝はウェアを着ていることとくらい。
あんなにつまらなかったけど、板と昨日着て行った服をルスツに預けてきてるし、リフト券つきのバスの予約もしてあるしで、
ルスツに行くしかない!
なんだかユウウツだけど、仕方ないよね。

はなちゃんが昨日、佐藤水産で買ってきておいてくれた、大きいおにぎりをバスの中で食べて気持ちを盛り上げる。

↓佐藤水産のHPより
05_ph_main[1]

このおにぎり、お茶碗2杯分のごはんで作ってあるそうで、すごく大きくズッシリしている。
はなちゃんが買ってきてくれた「ミックス」は、中に秋シャケといくらが入っている。
味が濃くって、食べごたえあっておいしい!
今日もまた、食べることだけが楽しみなのかなぁ。
滑りを楽しみに北海道まで来たっていうのに。がっくり

ルスツに近づいて、青空が見える。
今日こそイゾラを楽しめるかなぁと期待しつつ、バスから降りてロッカーに板を取りに行く。
今日は着替えがないので、時間にして20分弱かな。
外に出ると、ホワイトアウト!
なんで?
山の天気は変わりやすいって言うけど、ここまで変わる?

がっかりしながらも、イゾラを目指しゴンドラを乗り継ぎ、真ん中の山「イースト」へ。
昨日よりはマシだけど、また標高の高いイゾラへ行くと視界が悪いかも・・・と、しばらくここで様子を見ることに。
イーストを2本滑ったところで飽きちゃって、ゴンドラが混んできたこともあって、さっきバスの中で朝ごはんの
おにぎりを食べたばっかりなのに、お昼休憩をすることにしました。
昨日、昼ごはんナシで頑張ろうと張り切っていて(最初のうちはやる気があった)、横目に見つつ気になっていた
「黄たまねぎ麺」とやらを使ったラーメン。
私は坦々麺、Oさんは味噌ラーメンを頼みました。
黄たまねぎ麺の印象はあまりない(味が分からなかった)けど、総合的においしかったです。

食べ終わっても、やる気が出てこない私たちは、ソフトクリームを食べることに。
買いに行くと、まだソフトクリームの準備ができてなくて10分ほど待ってくださいとのことで、どうせもう
やる気がないから、ダラダラといくらでも待ちますよって気分でした。
出てきたソフトは、こんなに大きくてビックリ。
他に食べている人がいないので、これは待ってたからサービスサイズなのか、普通にこれなのかは謎。
周りのテーブルや、料理の列に並んでいた人たちの注目を浴びました。 かお

P1030210.jpg

特濃ソフトクリーム(だったかな?)って名前だけあって、本当に牛乳の味が濃くて、バターのような感じさえする
コクがあるソフトクリームでした。 絵文字名を入力してください
あぁ、滑りが楽しくないから、食べることばかり。

外を見ると、さっきより雪がひどくなって視界が真っ白だけど、いつまでもこうしてる訳にもいかないので
(レストランも昼時で混んできたし)、期待をせずにイゾラへ向かうことにしました。
ゴンドラに乗ってイーストの山頂へ行き、イゾラへ向かうべく、途中の上級コースがショートカットだからと滑りました。
昨日もこの上級コースの「アクロスA」を滑ったけど、真っ白で前が見えなかったのでそんなに急坂には見えなかったけど、
今日は昨日より視界がマシなので、すごい斜度とコブコブがよく見えます。
でも、私たちは、”少しでも登っての移動はナシ、近道があれば行く、板外して漕がなきゃいけないコースは行かない”
と決めているので、怖いけど(遠回りやリフトの乗り継ぎが)面倒だから行っちゃおう、と。

で、イゾラ山頂へ。
すっきりと晴れてはいないけど、一応コースは見えるし、昨日から滑りたかったルスツのメインであろう
「へブンリービュー」コースを、視界があるうちに滑ろうってことになりました。
本当だったら、洞爺湖が見えるはずなんだけど、贅沢は言ってられないので、今のうちに写真を。
いつ前が見えなくなるか分からないもんね。

P1030217.jpg


ヘブンリービューコースや、その脇のヘブンリーリッジ、ヘブンリースピリット、楽しぃぃぃ?。ハート絵文字名を入力してくださいハート
みんなが言っていた、「ルスツ楽しいよ」は、ここのことだったのね。
でも、時間があまりない。
ベースから一番遠い山で、標高が高くて視界が悪いことが多くて、なかなか「楽しい」にならない。
帰りのバスの時間を気にしつつ、ヘブンリーシリーズを楽しみました。

↓ヘブンリースピリットコース
P1030218.jpg

すり鉢状で、コブコブで、これがコース?って感じだったけど楽しかった。

イゾラの最後の最後に滑った、ヘブンリーキャニオンというオフピステのコースは、疲れました。
いつか、酸ヶ湯に泊って八甲田山の山スキー(ボードだけど)をしてみたいと思ってるけど、
ゲレンデ内のオフピステに四苦八苦してるようじゃ、まだまだ行けそうもないね。 涙

IMG_0655.jpg


帰りもショートカットコースを選び、ベースのウエストに戻ってきました。
ここからが大変。
バスの時間まであと30分あるかないかってとこで、更衣室で着替えて、荷物を全部ボードケースに詰め、
別の階にある宅急便コーナーへ出しに行って、バスの点呼に間に合わせなきゃなりません。
安比もそうだったけど、ギリギリまで滑りたいから帰りはいつもバタバタです。
今回なんて、ヘブンリーで楽しさに火がついてしまって、風呂を省略しました。
1時間は余計に滑れるもんね。
で、バスに乗って千歳、飛行機で羽田、電車で家、この道のりを汗かいて臭いまま帰るのです。

ルスツはホテルの中に遊園地があります。
バスの点呼を気にしつつ、急いで1枚。
直後に呼ばれました。

P1030220.jpg


↓千歳までのバスの中から。何で今頃青空出てるのよっ怒
P1030223.jpg


↓同じくバスの中から、支笏湖。後ろに見えるかっこいい山は何山だろう?神秘的。
P1030228.jpg


予定より早く千歳に着いて、飛行機を1時間早めて東京に帰りました。(家は埼玉だけど)
千歳空港は、お土産の宝庫だから、この旅に持っていったお金のほとんどを空港で使いました。
 ・白い恋人(定番よね。大好き!販売再開して良かった)
 ・マルセイバターサンド(冷やし固めて食べるのがスキ)
 ・じゃがりこ(北海道限定のコーンバター味)
 ・ロイズチョコ(期間限定のストロベリー味)
 ・いくらのしょうゆ漬け(今回来れなかった彼氏、北海道でいくら丼を食べたいって言ってたからお土産に)
ルスツでほとんどの荷物を宅急便に出してカバンの中がスカスカだったけど、一気に満タン。
重?くなりました。


すっかり忘れていたけど、この日、うちの近所で不発弾処理がありました。
半径300mの家の人は、避難をするようにチラシが入ったらしいです。
うちは避難範囲じゃなかったけど、無事に済んだようで良かった良かった。
鳩ヶ谷市



【2008/03/03 13:22】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 旅行用トートバッグ

北海道へ、スノーボードに行くときの手荷物を入れるバッグ。
ずいぶん前に1,500円くらいで買ったナイロンのトートバッグの内側に、巾着式のフタ(?目隠し?)をつけてみました。

家に余ってた、グリーンの水玉の生地と、今回買ったグリーンのヒモ。
レモン色との組み合わせが春色っぽくて気に入りました。
ちょっと生地のサイズが足りなかったので、端っこは継接ぎ。
遠目にはわかんないよね。

容量が大きくなって満足です。
内側に巾着をつけたので、荷物が少ないときは、最初からついていたファスナーを利用。
巾着を膨らませば、相当の量の荷物が収まると思う。

持ち手のヒモが、肩に掛けるにはちょっと短い気がするので、これもいずれ直そう。
こういう幅広テープ地のヒモって売ってるのかしら?

P1030199.jpg


【2008/03/03 23:35】 カスタマイズ | トラックバック(-) | コメント(0) |
 板、買っちゃった?

てへ。
板、買っちゃった。ベッ

昨日、会社の帰りに「NIKWAX」とやらを買いに神保町へ行きましたさ。
ちゃんと、売ってそうなお店をネットで見当をつけ、電話で在庫の確認もし、まっすぐ目的の店へ。
「NIKWAX」の中の何を買うかもプリントアウトしてあったので、すぐに買えました。

ここで、まっすぐ帰ればいいのに、今年で閉店するというイノウエスポーツへちょっと寄り道。
2シーズン前にこのお店で板を買ってから、ちょくちょく見には行ってて、安いし、レディースの長めの板もあるから
欲しいなぁ?と思いつつ、でも予算がね、と見るだけにしてました。

最近は、こちらのHPもチェックしていて、いいなと思ってる板が半額ってことも知ってました。
半額で34,100円。
う?ん。
もう一回北海道にも行きたいしなぁ。財布
とりあえず、いつまでお店をやってるのか聞いてこようって、軽い気持ちで行きました。

そしたら、更に割引になっていて、19,800円になっているじゃないのぉぉぉ。
買っちゃったよ。
さすがに、仕事中の彼氏に電話して相談したけどね。


↓RIDE 06/07 Verona ↓RIDE 04/05 KASHMIR  ↓2つ並べて              ↓裏 P1030243.jpg
        151cm         153cm

現金を持ち合わせていなかったので、お隣の銀行でおろして来てお買い上げ。
家まで、地下鉄を乗り継いで持って帰りました。

家で調べた、07/08モデルのVerona。

大人の女性のハイパフォーマンス・スタイルモデル
恐れを知らないガールズボーダーにパフォーマンス重視のカリスマボードを。
超軽量でシルクのようにスムースなVeronaは、究極のフリースタイルパフォーマンスの集大成。
すべてが女性専用にデザインされたこのモデルで、山頂からパークまでを制覇できます。

サイズ: 145, 148, 152, 155

シン構造
New! 90AスライムウォールTM
カーボンアレイ5
New! サイレンサー 5・チューンドコアTM
リアル・ハイブリッドグラス
リニアーカーボンラミネート
フュージョン4000 ベース
New! 2x4インサートパターン


06/07モデルの情報は分からないけど、そんなに変わってないと思おう。
あまり、意味も理解できないことだし。テヘ 

執念。
ネットで前モデルの情報見っけましたぁぁぁ。↓
RIDE.jpg

しかし、何のことやらよく分かりません。
でも満足!

【2008/03/06 21:58】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 ゴーグルも買っちまいましたさ

2年前の誕生日に、彼氏からプレゼントしてもらったゴーグル。(彼氏は自分の分も購入)
ゴーグル買い替えは初めてで、約10年ぶりに新調。
大切にするあまり、くもり止め液をシュシュッとスプレーし、柔らかい布でふきふき。
その直後、ゴーグルは常にくもりました。

調べてみると、最近のゴーグルはくもり止めスプレーをすると、高度でデリケートなコーティングが剥がれるらしく、
それで私たちのゴーグルは傷のような剥がれで常にくもってるのデス。
泣いた泣いた。

性格の違いから、私は適当にしか、(間違った)手入れをしなかったので、前が見えなくもない。
彼氏は細かい性格なので、念入りに、(間違った)手入れをしたので、もう全く前が見えない。
で、彼氏は即買い替え。
そのシーズン、3つもゴーグルを買ったことになります。

私はケチなので、ガマンして2シーズン使いました。
けど、どんどんコーティングが剥がれてきたので、今年、買い替え。

P1030236.jpg


?Japanfitのフレームに、PERSIMMONレンズが入ったものをヤフオクで落札。 6,500円
  ゴーグルのスポンジが厚くて気に入ったので、しばらくはこれを使用。

?レンズの色を変えたくなって、神保町でEMERALDを購入。 12,800円。
  Japanfitのフレームに付け替え。

?PERSIMMONレンズをJapanfitじゃないフレームに付け替えるか悩み中。
  BLACKIEIDIUMレンズかっこいいんだもん。

  あれ?なにイリジウムか分からなくなった。

  FIRE IRIDIUM
  可視光線透過率:16%
  オレンジベースのレンズに層の厚いファイヤーイリジウムをコーティング。
  晴天時や春、夏などの照りつける太陽光線をカットし、
  鮮明で快適な視界を確保するハイスペックイリジウムレンズ。

  Black iridium
  可視光線透過率:18%
  オレンジベースのレンズにブラックイリジウムをコーティング。
  眩しい晴天時から眼を守ると共に、自然で鮮明な視界を確保。
  ユーザーを選ばないイリジウムレンズのベストセラー。


P1030235.jpg


また来年、なにか交換レンズ買っちゃうかもね。

【2008/03/06 22:03】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 NIKWAX (ニクワックス)

昨日買ってきた「NIKWAX」、さっそく試してみました。

P1030247.jpg


白いウェアがだいぶ汚れたので、一度洗ってみたいなぁ・・・、でも撥水がなくなったら嫌だなぁと思って、
ネットで調べてみると、それ用の洗剤と撥水加工できるものがあるって知りました。
私は知らなかったけど、アウトドアの世界では、結構有名なものらしい。

今回使ってみたのは、「NIKWAX Loftテックウォッシュ EBE181(写真右、ウェア用洗剤)」 と
NIKWAX TXダイレクトWASH-IN EBE251(写真左、撥水加工)」の組み合わせ。

ウェア、買ってから一度も洗ってなくて、ファブリーズして干すだけ。
それで2シーズン着たので、袖口や背中(なんで背中?)が汚れてるし、全体的にも薄汚れてて色が悪くなってる。
それを覚悟して白いウェアを買ったんだし、汚れてるのはボード行ってるってことで満足もしてたんだけど、
さすがにもうダメだよね。

汚いけど、一応まだ防水も効いてるウェアを、洗濯機に入れて洗剤で洗うのはかなり勇気が要りました。
本当に大丈夫なんだろうかって、不安。
上着だけじゃなくて、今年買ったばかりのパンツもやるかどうかも迷いました。

それでも、せっかくやるなら上下ともいっぺんに。
そして念には念をと、温水を使い(メーカーHPでは、その方が効果があるそうです)、汚れのひどい袖口はブラシでごしごしこすり、
手洗いバージョンの漬け置きと併用するアレンジも(勝手に)加え、実験の心持ちでやってみました。

ウェアは温水の中でプカプカ浮いて、手で押さえるのが大変だったけど、しばらくすると温水を含んで重くなり沈みました。
ハリのあるパシッとした生地のパンツも、温水を吸ってクタ?となり、かなり不安になりました。
このままよく水を吸うパンツになっちゃたらどうしよぉぉぉ。
余計なことしちゃったかなぁ。

すすぎが終わり、ドキドキしながら撥水加工。
ネットで調べたときは「臭い」ってことが書いてあったけど、私は気になりませんでした。
それより、ベランダで防水スプレーをシューってやったときの方が臭いと思います。(後々まで臭うしね)
温水に液を溶かして、ウェアを漬け込みます。
ここの手順でも、勝手に洗濯機バージョンと手洗いバージョンを併用させ、しっかりと念入りにね。

軽くすすぎと脱水をし、洗濯機から取り出すと、やっぱりクタ?としたまま。
しかも、上着は白いから分からないけど、モスグリーンのパンツは、なんだかムラができてる・・・。
本当に大丈夫なのかぁ。

気になりながらも一晩、部屋の中で干しておきました。

朝起きて、一番に見に行くと。
復活してるぅぅぅ!!! にこっ
パンツはハリも戻ってパリっとしてるし、ムラなんかなくなってるし、上着は全体的に白さが戻って光ってる!
問題は撥水よね。
試しに手で水をかけてみました。
ほらっ、この通り!↓ 良かった?。
P1030249.jpg


 パンツ → P1030251.jpg
            オレンジの電気の下なので色がおかしいけど、撥水はOK


ゲレンデで実際に雪の上に座ってみたりしないと分からないけど、いまのところ大満足です。
ありがとうNIKWAX。
もっと早く知りたかった。

次は、ダウン用の洗剤ダウン用の撥水剤を買って、ふだん着ているダウンジャケットもやってみようかな。
そうすれば、ちょっとくらいの雨や雪なら傘いらないじゃん。

そうそう、ウェアの上着、帽子に毛がついてて取り外せなかったので、そのままやっちゃいましたが大丈夫でした。
この毛の部分も強力な撥水が効けばいいんだけど、効果はどうかなぁ。
雪が降ってる日は、この毛に雪が積もって、休憩で室内に入ったときに解けて水分を吸って、冷た?くなるのよね。

P1030246.jpg

カスタマイズで、取り外し可能に加工しようかと考えてたけど、撥水が効いてればその手間なくなるなぁ。


【2008/03/06 23:35】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 ロイズチョコ

千歳空港で、ロイズチョコの期間限定商品、ストロベリーってのを見つけました。

P1030244_20080307125058.jpg


味は、そんなにストロベリーって感じはしないけど、包み紙の可愛さとロイズの口どけが○
もっと味が濃くてもいいような・・・。
ときどき、イチゴの種らしきツブツブが口の中で分かるのが楽しい食感でした。


【2008/03/07 12:52】 おいしいもの | トラックバック(-) | コメント(0) |
 トートバッグ

こないだ内側に巾着式のフタをつけた旅行用のトートバッグ。

P1030199_20080310142302.jpg


北海道ルスツ旅行に持って行ったら、やっぱり持ち手のヒモの長さが足りなかった。
肩に掛けると、荷物のふくらみで体からカバン本体が離れるのに、ヒモが短くて、何度も肩から外れて使いづらかった。

んで、またまたカスタマイズ。
ヒモを付け替えて、10cm長く62cmにしてみました。

P1030253.jpg


茶色のヒモで、太さも前のより少し太い4cm。
まだ使ってないけど、使い心地はどうかな。
こんなにカスタマイズすると、原形から離れすぎてる気がする。
じゃ、何でこのカバン買ったんだろ?

そうだ、生地にNIKWAXかけて、撥水性をつけたんだ。
じゃ、この水玉の生地じゃなくて、コーティングなんかされてる生地がよかったんじゃん?
【2008/03/09 14:21】 カスタマイズ | トラックバック(-) | コメント(0) |
 ウェアの上着

前々から気になっていた、ウェアの上着の帽子についている毛。

P1030246.jpg


雪や雨の日に不都合で困っていたので、思い切って取り外せるように加工してみました。

スナップボタンがテープ(リボン)状のものにあらかじめ等間隔でくっついている、スナッフルとかいうものを買ってきて加工開始。
まず、帽子から毛を外すため、リッパーを使って縫い目を解きました。
いつも縫い物のときに失敗ばかりしていて、リッパーは使い慣れてるので簡単だろうと思っていたのに、
何重にも縫い付けてある(中表で縫いつけ2回、外側から押さえ縫い1回してあった。mizunoは丁寧な縫製だったのね)
ので、外すだけでえらい時間がかかってしまいました。

帽子と毛に分かれたところで、難しそうな、毛にスナッフルを取り付ける作業から。
スナッフルの説明書には、ミシンをかけるときはファスナーテープ用の押さえを使ってくださいとあったけど、
私、そんなもの持ってない。
しつけをして、ゆっくり縫ってみました。
思ったより簡単にきれいにくっついたけど、つけようと思っていたのと反対につけていることに気がつきました。
またまたリッパー。
2回目はしつけが面倒くさくなり、まち針だけで強行突破。
さっきよりゆがんでくっついたけど、もう疲れたからいいや。

P1030260.jpg


次に、帽子側にスナッフル。
既に作業を開始してから何時間も経ってしまって、これまた面倒になり、まち針のみ。
案の定、ところどころ帽子の生地とスナッフルがずれてしまう。

P1030257.jpg


なんだか、とっても私らしい雑な仕上がりになったけど、希望どおり毛が取り外し可になったのでヨシ。
ゲレンデで人のウェアなんて誰も見てないしね。
自分さえ使い勝手が良ければいいのです。(裁縫の腕前が上がればもっといいけど)


【2008/03/09 14:28】 カスタマイズ | トラックバック(-) | コメント(0) |
 自己満足

こないだのルスツ、出発前に”旅のしおり”を作ってみました。
はなちゃんにイラストレーターの使い方を教えてもらって。
まだ自己満足程度のものだけど、前にエクセルで作ってたのからみるとずいぶんマシな仕上がり。

ru-表紙


ru-中身mi


イラストレーターで作ったものをWeb用に保存する方法も覚えたのでアップしてみました。

【2008/03/11 23:43】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 ビンディング付替え

こないだ衝動買いしたrideの板、チューンナップが仕上がってきました。
ワックスをかけて、エッジの角度を調整してもらって(よく分からないのでお任せ)、
すぐに滑れるようにスクレーピングをお願いしてあって、本当は10日くらいかかるところ、
どうしてもと頼んで5日で仕上げてもらいました。
だって、15日に使いたいんだもの。

それで、会社の帰りに小川町(神保町?)に受け取りに行ってきました。
東京はすっかり暖かくなっていて、ボードを抱えて電車に乗るのは恥ずかしかったです。
「私はスノーボード馬鹿です」と宣伝してるみたいだもん。

板を買ったときは、ソールがちょっと白っぽくなっていたけど、チュンが終わってピッカピカの赤になりました。
P1030261.jpg

エッジのことは・・・よく分かりません。

家に帰って早速ビンディングを付け替え。
スタンスを忘れちゃいけないのでぱしゃり。
P1030274.jpg


左足。
P1030267.jpg


右足。
P1030273.jpg


1人でビンディングを付替えたのは初めてだったので、ちょっと緊張しました。
P1030275.jpg

プレートさえ動かさなければ、角度調整より簡単かも!

【2008/03/13 22:59】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 芸術的雪かき

久しぶりに、芸術鑑賞をしました。
朝目が覚めてボーっとテレビを見ていたら、藤城清治さんという影絵の作家さんが紹介されていて、
何となく気になりながらも2度寝。

再び目が覚めて、まだ気になっていたので、ネットで講演情報を調べたら、
今日が東京での最終日で、当日券が発売されるとのこと。
慌てて電話してチケットのことを聞くと、講演1時間前に会場で販売しますと。

彼氏が昼ごはんを食べ終わるのを見計らって切り出してみました。
まだ時間はあると思うのに、「間に合わないよ」って。
行きたくないのね。

じゃ、いっかと思っておねだりしなかったら、不気味なものを感じたのか、
「今すぐ風呂入って、急いで準備したら、間に合うかもしれないよ」って。

そんなこんなで行ってきました。

P1030307.jpg


天王洲 銀河劇場。
初めて天王洲という地に行きました。
彼氏の希望により車で行ったんだけど、思ったより近くて、30分かからずに到着しました。

P1030326.jpg

会場がある建物の中には、いろんなところに影絵のモチーフが飾られていました。

影絵の上映は、想像を遥かに超えたスケールの大きいものでした。
カンボジアで見た、素朴なスバエク↓とは比べ物にならない。
3544401_1553839658s[1]

どっちかと言うと、私は手作り感があるスバエクが好みだった。

今回のは、もろ情操教育的な感じ。
母子で見るためにつくられていたみたい。
彼氏、寝てました。

お土産に買ってもらった、クリアファイル。
P1030346.jpg


講演が終わると夜になっていて、お腹が空いたので、小龍包を食べに銀座へ。
途中、高速道路から東京タワーが見えて、田舎者の私は嬉しかったデス。

P1030333.jpg

P1030336.jpg


お腹がいっぱいになったところで、バレンタインのお返しにと、靴を買ってもらいました。
あれ?
私、バレンタインって何かあげたっけ?
いつも、プレゼントいっぱいくれてありがとう。


【2008/03/16 21:59】 日々のこと | トラックバック(-) | コメント(0) |
 ASAMA2000  07/08 9回目

今シーズン、滑り納めかな?と思いながらASAMA2000に行ってきました。
本当はまだまだ行きたいけど、彼氏の休みがないのでsc07

今回は、朝5時に家を出発。
2人とも寝不足のまま運転を押し付け合いながら行きました。
私は、三芳から、なんとASAMAの駐車場まで運転しました。
あのチェリーラインの急坂、雪がなかったとはいえ、運転するの大変でした。

P1030276.jpg


でも、途中車を止めて景色を見たときには、こんな絶景が見えるところまで自分で運転してきたんだ?!と感動。
浅間は、よく下界が雲海になってます。
山の上と下界の気温の差なのかな?
雲海の向こうに頭を出してるのって、富士山なのかなぁ?
P1030280.jpg


駐車場に車を入れると、地面がからっからに乾いていて、あぁ、春なんだなと悲しくなりました。
いつもだったら、ASAMAの駐車場はすっごく寒くて、準備をするのも震えながらなんだけど、ポカポカ陽気で、
のんびりしてしまいました。

P1030283.jpg


ゲレンデは、いつもどおり空いてます。 やった?。
P1030284.jpg

新しい雪が降ってなくて古い雪だけど、しっかり整備してあって、固まっていました。
ちょっとカリカリだったけど、滑りやすかった。

お昼は、今回はスキーセンターのレストランで。
メニューが豊富で迷ってしましました。
P1030288.jpg


昼ごはんを食べ終わると、2人とも猛烈な眠気が襲ってきて、車に退散し、1時間半ほど昼寝しました。
ボードに来て昼寝なんてしたことないのに、やっぱり春なのね。

目が覚めてスッキリし、またガツガツ滑って、ちょっと早めに上がりました。
片付けも、暖かいのでダラダラ。
彼氏、エガチャン(パットがいっぱいついたタイツ)になって着替えてました。
隣に止めてた車のオバサンが、エガチャン姿の彼氏を何度も見るから恥ずかしかった。

今回は、私の古い板に、彼氏の余ってるビンディングを(駐車場で)くっつけてあげて、かわるがわる滑りました。↓
なので、人間2人に、板3枚。

P1030303.jpg


来週、どうしよう。
1人で新幹線+バスでASAMAに来たいけど、春なのに女1人でASAMAって、どんだけ上級者なの?と思われそうで・・・。
気合と腕前が合ってません。はあ
かと言って、チャラチャラしたゲレンデに1人で行きたくないしなぁ。

やっぱり、駐車場で前に止めてた、大きい車で1人で来ていた人に「来週連れてきてください」と頼めばよかったか?
埼玉のナンバーだったし。
ゲレンデで滑り見てたら、すっごい上手かったしな。

はぁぁ。
もうボード終わりかな。
毎年、春先はさみしくなります。

・・・忘れてた。
今回、新しい板を使って滑ったんだった。
感想は・・・滑りやすい気がする。
「気がする」程度。
長さも変わらないし、きっと同じような板だったんだよ。
ちょっと柔らかいような気もするけど、やっぱり「気がする」程度。
こんな私、板を買い換える必要なんてなかったのかな。

【2008/03/16 22:17】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(1) |
 かぐら・苗場  07/08 10回目 ? (出発前編)  

今回は、自分でもびっくりな旅行でした。
知らない人たちと集まって雪山へ!しかも泊り。
あ?、みんなに内緒で行ったけど、Aちゃん・Mちゃんがこれ読んだら引くなぁ。(もう読んだ?連絡下さい)
もうこんな歳だけど、親にも絶対言えない。
バレたら、いつまでも都会(埼玉だけど)でフラフラしてないで、田舎に帰って来い!って言われそう。

今シーズンはもう滑るの終わりだよと彼に言われても諦めがつかず、
1人で北海道ツアーを申し込もうとしたら、5つの旅行代理店から飛行機が満席ですと断られ、
じゃJRでどこか行くかと思って、びゅうの夏油高原へ行くプランをネットで申し込んだら、
シングルルームでも申込は2人からになりますと断られ、
なら長野新幹線とホテルを別々に自分で手配して1人でASAMAしかないなと思ったけど、
たった1日滑るのに28,000円はかかる計算。
高いよねぇ。
どうしたらいいの??
ただ滑りたいだけなのに、雪山にたどり着けない?なき

と、こんなことを会社で話してたら、はなちゃんが「雪山あいのり」なるものを見つけてくれました。
面白そうだなぁと思ったけど、まさか自分が参加するとは思わずに、夜な夜な閲覧、想像。
参加してみたいけど、私と荷物を拾ってもらえそうなイベントもなかったし、
みんな若いので煙たがられるだろうなと勇気も出ず。

でも行きたいぃぃぃ。
雪山に行きたいだけなの?。
殺伐可でも、ゲレンデ放置でも、何でも構わんから行きたいよ。

夜に書いた手紙って、そのまま投函しちゃいけないって言うけど、ほんと、夜って判断狂います。
知らない人にメッセージ送るなんて考えたこともなかったけど、主催者さんにエイって送っちゃいました。
こういうのって、返事が来るのかどうかも分からずにドキドキ。
いろいろしつこくやり取りさせてもらって、結果、参加ボタンをポチっと。
これは出発の前々日のことで、本当に良かったんだろうか・・・とドキドキして眠れませんでした。

寝不足のまま、出発前日。
メッセージやらメールやらで、一緒に行くことになる人たちと少しずつ会話。
待ち合わせ時間や場所の相談をさせてもらったり、荷物や服装のことでアドバイスをもらいつつ、
今回ピックアップしてくれたふくさん、一緒にピックアップ組のNORIさんを、探り。
(ごめんね。知らない人と出かけるなんて私には未知の世界だったし、夜中に知らない男の人たちと車に乗るなんて信じられない。)
でも、そのやりとりで、ふくさんは誠実・温厚、NORIさんは好青年と判断し、そんなに不安もなくなりました。
考えてみたら、一番怪しいのは私だよね。ヤフオクで言うと、新規の人、心配だもん。
もう春なのに、年齢が高い女が1人で参加。あやし?。

3時間ほど横になって出発。
前日の寝不足とメールのしすぎで頭が痛くて、横になる前に頭痛薬を飲んだけど、しょっちゅう目が覚めてしまった。
起きてからも頭がボーっとしてしまって準備に手間取り遅刻しそう。汗
初参加で遅刻は許されんだろうと思うけど、頑張っても待ち合わせ時間ぴったりくらいにしかならない。
待ち合わせ場所に時間より早く行ってますとメールしてあったし、それが礼儀だと思うけど、体が動かない。
黙って待ち合わせ時間ぴったりに行くのと、更に2,3分遅れてでも一旦メールするのと、どっちがいいか迷って後者。
きっとふくさんは、待ち合わせ時間より早く来てくれてるだろうと思って。
メール打ってると、先にふくさんからメール。
ますます焦りました。
本当にごめんなさい。
後からNORIさんに、ピックアップのときのルールを教えてもらって深く反省しました。
もっと早く起きれば良かったんだよね。

えーっと、駅で拾ってもらって、NORIさん家へ。
着くまでに、ふくさんにこういう集まりのときの呼び名のこととかの暗黙のルールなどをいっぱい質問。

次から次に聞きたいことが出てきて、あっと言う間にNORIさん家に到着。
喋りっぱなしだったから、すっかりふくさんには慣れたけど、NORIさんがすっごい変な人だったらどうしよう。
急に心配になって、おとなしくなってしましました。
NORIさんは、ソツなく私にも話しかけてくれ、メールの印象どおり好青年。
良かった?。
最終出発地の雪猫さん家に着く前に、3人でファミレスに入って、おしゃべり。
あぁ?、本当に変な人たちじゃなくて良かった。(だから、一番怪しいのは私だって!)

雪猫さん家に到着し、ドキドキの対面。
一度ナシになった話を逆転で入れてもらったから、怒ってたり、すっごい怖い人だったらどうしよ?と。
でも、そんなことはなく、こういうのを主催する人だけあって、穏やかないいご夫婦でした。
良かった?。

あ、いけない、何時間もかかってダラダラ書いてたら、本物のあいのりの時間だ。
出発前編は終わり!

si


?へ
【2008/03/24 23:11】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 頼むよお前たち!

春スキー(ボードだけど)。
すっごい日差しだった。
知らなかった。
みながわ(ほんとは稲川先生)みたいなパンダ焼けしちゃった。
いっつもDVD観て滑りの勉強する度に、ゴーグル外した顔みて笑ってたのに、私も一緒。はあ
そんなとこじゃなくて、滑りが一緒になりたかったよ。

こないだ、もう春なのに小川町(神保町?)から板を持って帰ってくるのが恥ずかしかったけど、
今回はもっと恥ずかしい。
ファンデーション厚塗りして、それでも隠し切れず、うつむいて電車に乗りますた。(真似)

会社で、はなちゃんに一通りあいのりの報告をし、お肌のお手入れ。
家から持参した化粧水をシュッシュとスプレー。
それでも足りなくて、ついには会社で保湿パック。
でも乾燥しちゃう。
どうにもならなくて、アロマの勉強してるはなちゃんに、肌の代謝を良くするオイルをブレンドしてもらって、
色の差を隠す化粧のコツを教えてもらい、帰りに銀座の東急ハンズに行きました。

P1030427.jpg


手当たり次第、良さそうなものを買ったけど、元に戻るかな?。
でっかいシミとかできたらどうしよう。
パンダ焼けが恥ずかしいとか言ってる次元ではなくなるよ。
頼むよ!おまえたち。
全部で9,000円もしたんだから。

ネットでピーリングのことも調べてみたけど、ピーリング後は何週間か日焼け厳禁だから、
もう絶対にボード行けなくなる。
こんな顔になってもまだ雪山が諦められない。

アホや。アホや。私アホや。

?私はどうせボード馬鹿だから、パンダの顔で堂々と会社に行く。ゴーグル焼けの何が悪い。
?パンダが恥ずかしいから、白いところを隠すためにゴーグルをして会社に行く
 (CROWBERのクリアレンズ買わなきゃ。それとも全天候タイプ?)
?すっごい厚化粧で行く(今日試しにやってみたら、肌が重かった)
?毎日せっせとお手入れする
?皮膚科でピーリングしてもらうのと引き換えに、もう雪山諦める。

?しかないよね。
どうか、シミにならずに戻りますように。
歳とってこんなに日焼けしちゃってユウウツだし怖いです。

【2008/03/24 23:45】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 頼む!プラセンタ注射

今日は、仕事でお世話になっている眼科・内科クリニックさんへ行ってきました。
重要な仕事でお邪魔した訳ではなく、クリニックに出向状態になっている社長から頼まれた物を届けるだけ。
ただのお遣い&社長へお昼ごはんの差し入れです。

せっかくのチャンスなので、ただのお遣いでは帰りません。
賄賂(昼ごはん)も渡したしね。
遠慮がちに、でもお願い形式で、美容系の注射を打ってもらえないかお伺い立ててみました。
もちろんスタッフ価格で。
社長からクリニックのマネージャーさんに聞いてもらって、OKとのこと。

スタッフルームに入れてもらって、看護師さんに「どういう注射がいいですか?」と聞かれました。
「ひどい日焼けなので、肌にすっごくいいもので強力なのを、お任せでお願いします」と、オーダー。
何で日焼けしたかとか、いつしたのか、今の状態などを話しながら、特別ブレンドしてもらいました。

まず、血管注射。
体の回復や肌の健康に良いとされるオリジナルニンニク注射(オリジナル配合って言ってたから、
成分は載せない方がいいのかな?)の中に、更にシミ対策に有効なビタミンCを追加。
血液の流れってすごく速くて、打ってすぐに鼻の奥に匂いを感じます。
その勢いで肌にも効いてくれ。

次に筋肉注射。
肌質改善に良い、プラセンタをダブルで。

注射を打ちながら、前職は美容外科で看護師をしていたと聞き、質問攻め。
まず、今は家でどんなお手入れをしたらいいのか。
昨日買った、ヒアルロン酸濃縮ジェルや、生ビタミンC濃縮エキスは有効なのか。
それから、落ち着いたら美容皮膚科でピーリングやって大丈夫か。
更に、フォトフェイシャルってどんななのか・・・。

プラセンタ注射を何回か繰り返せば、ずいぶん良くなると聞いて、またお願いしますとずうずうしく
頼んで帰りました。

お願いっ!注射効いて!
できれば美容皮膚科は行きたくない。
白い肌、戻って来い!
siro.jpg

【2008/03/25 18:30】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 かぐら・苗場  07/08 10回目 ? (現実編)

さて、いつものごとく前置きが長くなったけど、あいのり全員そろって出発。
いろいろ想像(妄想?)してたけど、ここからは現実だからね。
みんなに迷惑かけないように、ちゃんとしないと。

ふくさんの車から、雪猫さん家の車に荷物を積み替えて、出発。
私の板が増えたから、ふくさんはビンディング外す手間が増えてしまってスミマセン、ありがとう。
車内では、NORIさんが中心になって感じ良くみんなに話を振ってくれたおかげで、
あまり緊張せずに済みました。

私が一番最後に追加で参加させてもらったのに、一番快適な助手席に乗せてもらいました。
運転してくれた雪猫さんのだんなさんと同い年ってことが分かり、何となく安心しておしゃべりもできました。
途中、エーテーセーの裏技を教えてもらって、ゾロゾロとSAの専用口?から出入りしてるのを見てビックリ。
今まで何も考えずに高速乗ったり、スピード出したり、無駄なことしてたのね・・・。

いつもは渋滞で嫌だなぁと思っている関越自動車道もスムーズで、雪猫だんなさんの運転も落ち着いていて、
安心しました。
あいのりの暗黙ルールとか責任感ってどんなものか分からないから、
無謀な怖い運転だったらどうしようって心配もしてました。
乗せてもらっておいておこがましいけど、あいのりをどこまで信じていいのか分からなくて。

えーっと、高速道路を降りて、17号なのかな?一般道を苗場方面へ。
道路のまわりにはぜんぜん雪がなくて、本当に雪山にたどり着けるの?と、また新たな不安が。
この旅を振り返ってみたら、心配ごとばっかりが次から次へと浮かび上がってきてたのね。
こんなんでよく行ったね、私。
雪山が私を呼ぶ力ってすごいわ。

車を走らせていくと(乗ってただけだけど)、遠くに素敵な雪山の姿が!
あそこかな、苗場って、あそこら辺なのかな?
一気に嬉しくなって、雪猫だんなさんに質問。
ちょっと違ったみたいだけど、でも向かってく方向に雪で白くなってる山がある!
やった?。

p3.jpg


苗場ってこんな街みたいになってるんだ?と思った途端、雪猫さんのリゾートマンション到着。
こんなゲレンデ間近にマンション持ってるなんてスゴイ!
結婚して子供もいるのにスキーを続けてられるってだけでもうらやましいのに、
車持っててリゾートマンション持ってて、経済力と理解のある優しいだんなさんがいて。
雪猫さん、うらやますぃぃぃ?。
歳、そんなに変わらないと思うのに、すごい差。
真面目に「結婚」考えてみました。 シンミリ 泣き顔

p1


とか何とか、部屋で着替えさせてもらって、ゲレンデに来ちゃえば、やっぱボード。
結婚して子供できたらしばらく滑れなくなって、そのまま引退かもしれん!
私は、今日、ゲレンデに来れたからいい!

滑る時間の関係で、今日はかぐら、明日は苗場に行くってことになったらしく、田代の駐車場へ。
NORIさんがビンディングのネジ締めを手伝ってくれて、無事セット完了。
(最後の締めはいつも彼氏なので助かりました、ありがとう)
ビンディング角度とか、スタンス幅とか、今までちゃんと自分で調整してて良かった。
今回は、ビンディング取り外しできないことには参加できなかったもんね。

準備ができ、リフト券を雪猫さんの割引券で買ってもらって、ロープウェイに乗りました。
これ、結構揺れて、板を持って立ってるのが大変でした。
早く滑りたいのに、満員電車みたいなのに乗って、気持ちも落ち着かないし。

P1030352.jpg


ロープウェイ駅に到着し、どんな感じ(コースや時間)で滑るのか、みんなで打合せ。
どんな風にするのか分からないし、コースも分からないので、打ち合わせを傍観。
みんなが行きたいコースについて行って、あまりにも無理な斜面だったら捨ててもらおうと思ってた。
でもそこはあいのり、そういうことにはならないらしい。
全員で何本か同じコースを滑ることに。

一番最初の滑り出し、迂回路になってる狭いコースはものすごいアイスバーンでした。
まだみんなのウェアや姿形を覚えていないから、はぐれたら大変と思って慌てました。
置いていかれないようにとすごく焦って滑ってたので、迂回路のコーナーに止まっていたNORIさんを見つけて
安心した途端に、並んで止まろうと思ったところより手前で突然転んでしまった。
ごろんごろん転がって、止まろうと思ってた場所までちょうど行けたけど、きっと驚かせただろうと謝ってみた。
見上げたら、NORIさん、すっごく驚いてました。
すっごく驚いてることに驚いたけど、あとで理由を聞いて納得しますた。
「ヤバイのが来た!」と思ったんだって。
そりゃ、私だって今さら初心者とは1日お付き合いしたくないなぁ・・・と思うもんね。

P1030362.jpg


田代エリアにある広場みたいなところでお昼に集合しようってことになり、場所を確認し時間を決めました。
またまた私は打ち合わせ会議には参加してないけど。
雪猫だんなさんとちびっこ弟は田代エリアで練習するとのこと。
雪猫さんとちびっこ兄+ボード3人でかぐらエリアを目指しました。
すごく広いスキー場で、かぐらに入ったのかなぁ?と思ったころ、もう戻らなければお昼の時間に
間に合わないことに。
え?ぐすん
まだ全然滑った気がしないし、かぐらが楽しそうってことだったのに、もう戻るの???
お昼食べたらまたこっちに来れるのかな?
お昼食べてる間に雪がとけて、ひどい雪にならないかな?
すっごくワガママだと思ったけど、集合時間が遅い方がいい!と発言してみました。
ひんしゅく買ったかもしれないけど、みんな大人で、発言を受け入れてもらえました。
あいのり初回ってことで、ルールみたいなの破ってても許してくだされ。

(浮気編へつづく)
ダラダラ長すぎ?
?へ  ?へ
【2008/03/25 22:08】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(2) |
 かぐら・苗場  07/08 10回目 ? (浮気編)

さて、私のワガママが通り、このままかぐらで滑ることになりました。
雪猫さんとちびっこ兄は、だんなさんに集合時間が変わったと言いに戻ることに?
ごめんなさい。

かぐらに来たことがあるふくさんに、面白いコースへ案内してもらいました。
今回、一度もコースMAPを見たり、どう滑るか考えなくて、楽させてもらいました。
ふくさん、ありがとう。

↓ふくさん・NORIさん
P1030367.jpg


↓リフトから見た、恐ろしい風景。ここから雪崩れ起きる?
P1030376.jpg


リフトを降りたあと、板を外して抱えて、更に上へ。(浮気の始まり)
コース外を滑ったことないから不安だけど、たくさんの人がいるし、2人は無茶しないよね?
ふくさんはかぐら詳しいみたいだし平気よね?
ドキドキしたし、板が重くてくじけそうだったけど、おかげですごくきれいな景色を見ることができました。

P1030370.jpg


私たちより、更に上を目指してハイク(と言うらしい)する人たち。
逆光で黒く見えて、アリの行列みたい。

P1030377.jpg


ここでは、崖みたいな急斜面を滑りました。
こんな急で、整備もしてなくて(だってコース外だもん)、ボコボコで、どこに向かって滑ったらいいか分からないのは初めて。
恐ろしくて、板を下に向けることができず、得意の木の葉落としとブルドーザーの出番。
ターンできそうと思ったら、斜滑降からのターン。それが精一杯。
あまりモタモタしてお待たせしちゃいけないからね。

↓もうダメだと思った急斜面。 色、悪っ
P1030382.jpg


他には、このエリアで森の中を滑りました。(浮気その2)
こないだ安比にOさんと行ったとき、コース脇の木の根っこの穴に落ちて板が刺さったから、慎重に。
刺さると、ビンディングから足を外さないと取れなくて、でもビンディング外すとつぼ足で出られなくなって大変。
ふくさんからは、「木にぶつかると思ったら、その手前で転んだ方がいいよ。怪我するから。」と、
NORIさんには、「木を見ると木に向かって行くから、前を見て。どこを滑ってくかコースを決めながら、進んでく方向見て。」
とアドバイスをもらいました。
はい。
よーく分かったけど、やっぱり木を見てしまって、ぶるかるーと思って尻もちをつきました。
カッコわる。
本当は、木と木の間をぬって、うまくターンしていきたいのに、木のないほうへ、ないほうへ。
あーあ、ここに来た意味がない。
それでも、初めてのことで楽しくて、そろそろ集合場所へ戻ろうってことになってたのに、「もう1回!時間的に絶対無理?」
って、またまたワガママを。
時間的に無理?って、私が言うセリフじゃないよねぇ。
私がリフト乗り場で待ってれば、2人はきっともっと回数行けたし、今からだってサクッと1本余裕だよ。
でもさ、私は今日が最初で最後の森の中かもしれないじゃんか?。
どーしてもあと1回。
前にふくさん、後をNORIさんで固めてもらって、1人取り残されないようにしてもらってるとは言え、コース外。
危険が伴う、やっちゃいけないことは、1度やるとクセになります。


1本余計に森の中へ行ったためか、またまたコース外をショートカットで戻るらしい。(浮気その3)
”らしい。”と言うのは、また会議に参加してないから。
最初に決めてた集合時間を、私のワガママで遅らせてもらったのに、決め直した時間に遅れる訳にはいかないよね。
私には強力な武器、木の葉落としがあるから、たいがいのところは何とかなるし、異議なし。
途中、いい景色を撮影しながら降りて行きました。

P1030372.jpg



直滑降で降りて、その勢いで登るところにさしかかって、一番手はふくさん。
上から見ていて、難なく通過。
次にNORIさんが滑り出す。
あ、1人取り残されちゃいけないと思って、すぐに私も立ち上がって出発。
すぐ前を行くNORIさんが、カッコよく、いとも簡単に滑って行ったので、私にもできると錯覚。
同じスピードでついていって、登りにさしかかったところで板の前が刺さって蹴つまずきました。
スピード出してたから、蹴つまずいても止まらず、ごろんごろん。
片斜面だったから、沢まで転がり落ちるかと思った。

顔を上げると2人の姿が見えなくて泣きそうになったけど、きっと2人は、遅いけどどうしたんだろう?と思ってるだろうと、
身支度よりも、とりあえず見えるところまで行こうと立ち上がって滑りました。
いつも、いい気になって滑ってるから、こういうことがあると気持ちがしぼんじゃって、2人がいるところまで遠い。
あとどのくらいだろうと心細くなったころ、本来の合流地点よりもずっと手前で待っててくれる姿が見えました。
わーん、涙出そうだったよ。(いい歳なので、実際には出ません)
2人のところまで行って安心したら、すぐには滑れなくなって、ここでゴーグルの手入れ。
さっき、ゴーグルは外れなかったのに、内側に雪がいっぱい入ってる。
CROWBER、ジャパンフィットでも私にはダメなのか。

ゴーグル拭いて、気持ちを落ち着けて、再出発。
この後は順調にコースへ入ることができて、私の苦手な緩斜面を延々と滑って集合場所へ。

P1030384.jpg


約束の時間よりだいぶん早く着いて良かった。

?へ  ?へ
【2008/03/25 23:52】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(1) |
 三朝みすと

こないだ焼いちゃった肌。
まだ黒くはなっていなくて、火照って真っ赤っか。
んで、パックしていないと乾燥してつっぱって、ヒリヒリ。
今週は事務所に女子しかいないので、ガマンできなくなると遠慮なくパックしたまま事務仕事。

はなちゃんが見かねて、「三朝(みささ)みすと」なるものをくれました。
鳥取県の三朝温泉の源泉100%のミスト。

P1030428.jpg


このミストは、肌の上で玉にならずに吸収するんだよ、とはなちゃんから聞いて、
家から持参している化粧水とつけ比べ。
三朝みすとは、シューっと顔にスプレーすると、さっと肌に染み込みます。
一方、持参の化粧水は、玉になって流れる。

三朝みすと、すごい!

こんなに顔の皮膚に気を遣ったことないってくれいお手入れしてるんだから、
ゴーグル焼けも、もしかしたら軽症で済まないかなぁ?と思ったりした。

【2008/03/27 09:06】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 かぐら・苗場  07/08 10回目 ? (浮気編、午後)

お昼に集まった場所は、田代湖のすぐそばの広いところでした。
そこにたどり着くまで、長?い緩斜面を延々と。
私の板は、ぜんぜん滑らなくて2人に置いてかれて、ついにはコーナーで見えなくなってしまいました。
大丈夫かな?と不安になっていたら、そのコーナーを出たところで突然、田代湖が。
きれい!エメラルド色!
止まって景色見ようかなぁ?と思ったら、ふくさんの姿が。
よかった。迷子にならずに済んだ。

お昼ごはんは、朝コンビニで買ってきたおにぎり。
まさかそんなことになるとは思いもよらず、おにぎりを雪山に持ってく手段がなくて、NORIさんのリュックに
入れてもらってました。
外で食べるおにぎり、おいし?。
ゲレンデに来て、レストランじゃなくて、外でごはん食べるなんて、初めての体験でした。
雪の上に座って食べたの楽しかった!
ちびっことも交流できたし。
・・・ちびっこ弟、ソフトクリームにどえらい執着を見せてびっくりしました。
ソフトを渡したら返したくなくなったらしく、私から逃げようとして転んだけど、体勢崩してもソフトは死守。
さすが運動神経のいい家の子です。
ソフト食べられるのはいいんだけど、お腹こわしてお母さん(雪猫さん)に怒られたらどうしよ?と思いました。

転んでもアイスは守るM


自販機で飲み物を買うのにお金をくずそうと、売店を探して建物の中へ。
なんだか顔が熱いから、朝塗ってきた日焼け止めが汗で流れたんだと思って、買うつもりでした。
でも、そこには売ってなくて、午後はドキドキでした。
まぁ、気付いてドキドキしたからって、落ちた日焼け止めは元に戻らない。
確実に日焼けするなぁあと思って、ちょっとブルーな気持ちで午後。

ふくさんには午前のうちから「ちゃんと日焼け止め塗ってる?」って聞かれ、
NORIさんには「女の子は、日焼けが嫌だからって、顔を隠して滑ってる子もいるよね」と言われてたのに、
自分が日焼けすることに考えが及ばなかった。

午後は、みんなで滑ることになった(らしい)ので、一緒にリフトへ。
途中、通過したコースにウェーブがあって、ちびっこ兄が滑りたそうに雪猫だんなさんにおねだりしてました。
だんなさんが「お姉さん(すみません、私のことです)に、一緒に滑ろうって言ってきたら?」と言ってる声が
聞こえ、ちびっこ兄からお誘いを受けました。
すっごく嬉しかったんだけど、私、ウェーブは怖くて入れません。
でもせっかく誘ってくれたんだし、ウェーブの横を滑ればいいかと思ってOK。
「後ろついて来てね」と言われたけど、ムリムリ。
出だしだけついてくフリをして、ウェーブに入る直前に横のスペースへ。
ちびっこ兄は猛スピードでウェーブに入り、どんどん加速していくので、だいぶ置いていかれました。

リフトに乗って、ちびっこ交流。
ちっちゃくても男の子だし、お兄ちゃんなんだね。
みんなに合流するときのコースがよく分からないって話した私に、自分が分かるから大丈夫大丈夫と、
頼りになることを言ってくれました。
良かった?って安心した顔をすると、「たぶんね、でも分からない」と、はぐらかす。
「本当は?」「分かってるよ」「そうだよね(ホッ)」「うそ、分からない」「本当は?」「さぁね」・・・・
8歳の子にからかわれて、ヤキモキさせられました。
将来、きっと女の子にモテるよ。

何本かウェーブを楽しんだ後、みんなのいるところまで誘導してもらいました。
ちょくちょく振り返って、私がついてきてるか確認してくれて、ちがう方向に向かってったときは
「そっちじゃなーい!」と大声で怒ってもらいました。
ありがとう、心強かったよ。

途中、リフトに乗ってる雪猫さんが上から見つけてくれて、みんながいるところを教えてくれました。
ちびっこ兄が場所分かるっていうので、最後までお任せで連れてってもらいました。
そこに着いたら、あれ?なんだかみんなダラダラ。
イスに座って、ビール飲んで、ぐで?ってなってる。
え?、もっと滑りたい!
やる気があるのは雪猫さんと私の2人?
おじさんたちどうしたの?
目の前に急斜面あるじゃん。(あとでNORIさんに聞いたら、急斜面ではなかったそうですが)
朝会ったときは知らない人たちだったけど、半日一緒に過ごして慣れてきたので、
「もう終わり?滑んないの?」と聞いてみました。
「滑りたいなら滑ってもいいけど。(まだいくらでも滑れるよの意)」とNORIさん。
じゃ、滑ろう。

ジャンプできるポイントをリフトの上から教えてもらってチャレンジしてみることに。
ふくさんが「後ろ1mのとこついてけ」と言ってたので、まぁ、飛ばなくてもついてくかって思ってたけど、
スピードが違う。
今朝1発目に転んだ、迂回路の狭いところ、もうアイスバーンではなくなってるから直滑降なんだけど、
その時点でターンも何も入れてないのについてけない。
ワックスが悪いのね。
んなもんだから、NORIさんのかっこいい姿は、飛んでるところしか見えない。
着地がどうなったのか分からないままジャンプできるポイントにさしかかって、先が見えて急ブレーキ。
こんなの飛べないよ。
さっきウェーブさえ迂回してたのに。
ため息をついて下を見たら、NORIさん、急斜面を滑り終わってもうリフトのところに行ってる。
お待たせしちゃいけないと思って、一生懸命リフトへ向かってって、もう1本。

次は、ちょっとお手本になるような滑りを見せてくれるってことだったから、楽しみにして上へ上がりました。
でもやっぱり、直滑降からジャンプのところで差がついて、私がゲレンデを見渡せるところに来たときには
リフトまで行ってしまってる。
大きいカービングの手本を見せてくれるって約束だったけど、こんなんじゃ手本も何もないよ。
でも、NORIさん、私のお守り役じゃないしね。

その後、雪猫さんも合流して、急斜面の隣のデコボコ斜面へ。
雪猫さんの滑り、ここで初めてちゃんと見たけど、うまい!
雪の斜面を自由自在に滑る猫(さん)!名前の通りです。
ちびっこ弟は本当にちびっこなので別として、このグループで一番下手なの私じゃん。
まぁ、一番下手なのは朝から分かってたけど、一人だけ差がついて下手。
ちびっこ兄にも明らかに「下」扱いされて、リフトの降り場では「こっち来ないでよ!」と注意され・・・。
落ち込みますた。がっくり

落ち込むと、いっさいターンができなくなるので、休憩。
1人やる気満々のちびっこ兄の滑りを見学させてもらいました。
ポケットに手をつっこんで余裕の滑りが可愛くて、写真を撮らせてもらいました。

撮るの遅くて眉間にシワ!M ←モザイク、このくらいで大丈夫ですか?

よそのお宅のおぼっちゃんなので、勝手に載せて何かあると大変です。
NGならば、ご連絡を。すぐに消します。

?へ ?へ

【2008/03/27 19:20】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(2) |
 NOTWAX

今朝は、寄り道をして出勤しました。
さいたま新都心にある厚生労働省→九段下の法務局。
どちらも書類を提出したり受け取ったりの、ただのおつかい。

半蔵門線に乗っていて「神保町」を通って、あらっ?
九段下の隣だったんだ!

法務局から出たところで、タクスィを拾って「小川町の交差点辺りまで」。
ヴィクトリアの前で降ろしてもらって、NORIさんオススメのNOTWAXを買いました。

P1030432.jpg


今週末も滑りに行くかどうかまだ分からないけど、塗ってみるか。

それから、帰りにまた美白ものをマツキヨさんで。

1_20080327213331.jpg


飲み薬と塗り薬。
それから、はなちゃんがアロマオイルを選んで作ってくれた化粧水。
いつもありがとう。

【2008/03/27 21:37】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
 かぐら・苗場  07/08 10回目 ? (完結編)

ほぉー、疲れた。
たった1泊2日の日記をかくのに何日もかかって、しかも長くてもう?
日数も経ったし、空想というか妄想も入ってきそうなので、一気に仕上げますか。

1日目滑り終わって、雪猫さんのマンションへ。
ちびっこって、その空間にいる、一番若い大人が好きって聞くけど、本当なのね。
NORIさんにすごい攻撃をしつつ、べったり懐いてました。

雪猫さんにお鍋を作ってもらってる間に、お風呂に入らせてもらいました。
リゾートマンションって、大浴場があるのねぇ。
そんでもって、みんな「こんばんは?」とか「おさきに?」とか挨拶するんだ、知らなかった。
真似して、住人のように挨拶してみました。

みんな揃ってキムチ鍋の夕飯。
辛すぎずおいしかったので、おかわりしていっぱい食べさせてもらいました。
私以外みんなお酒が好きってことで、かなりたくさんビールを飲んでたような。
あんなに飲んでも普通に起きてられるってすごいわ。
私はいつもボードに行ったときは、7時半から8時ごろにはお風呂もご飯も済ませてグウグウ寝てしまうから、
みんな遅くまでお酒を飲んでしゃべって起きてる元気があることにびっくり。

そして、苗場は花火が上がることにびっくり。
スキー場の花火って、初めて見ました。
初めてだったけど、写真撮ってたから、自分の目ではほとんど見てません涙
1枚でいい写真を撮れたらいいんだけど、私、数打ちゃ当たる方式だからな。
だから、いっぱい撮って、まともなの1枚。
しかも、これだって水平が狂ってて、帰ってきてから補正。

p2


NORIさんを中心とした楽しいおしゃべりタイムを過ごし(3歳って、エライ差なのね。話す内容が若いっ!)、
ふくさんがぜーんぶ洗い物を引き受けてやってくれて(ありがとうございます)、布団を敷いて消灯。
どーして暗くしてから盛り上がるんだろうね???
布団に入ったらみんなワクワクしちゃっておかしかった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

7時。
私の目覚ましと、誰かの目覚ましが鳴りました。
目覚ましが鳴った途端にパッと起きる自信があったので、7時に起きるなら、目覚ましは7時。

昨日寝る前に、ふくさんと目覚ましを何時にセットするかであーだこーだ議論しました。
ふくさんは、6時50分だって。
じゃ、私は6時50分に起きちゃうから、10分寝る時間が少なくなる!
ふくさんも6時50分に起きるの?って聞いたら、6時50分に起きるなら目覚ましは40分だって。
え?、更に寝る時間が10分減るじゃん。
結局何時に起きればいいのさ?7時。ってことで、目覚ましは7時。

誰かの目覚ましも7時に鳴ってるけど、ふくさんも7時にしたのかな?
止める気配がないけど起きてるのかな?
誰も起きる様子がないから、とりあえず起きてお手洗いへ。
戻ってきたら、みんなモゾモゾ起き始めました。

またまた雪猫さんにごはんを作ってもらい、食べて、準備してゲレンデへ。
今日は2時間券なので、心残りないように、滑るぞ?。
今シーズン最後の滑りだからね。

お留守番してくれるというだんなさん(運転に備えて仮眠だったかしら?スミマセン)に
苗場まで送ってもらって、お迎えの場所と時間を決めて別れました。
ちびっこ弟も今日はお留守番だそうです。

雪猫さんとボード男2人がコースを決めてくれて、今日も何も考えずに楽ちんでした。
苗場のゴンドラ、ボードも外につけられるので、中では手ぶら。
こんないいゴンドラもあるのねぇ。

山頂にあがって、長野側(志賀高原って言ってた?)を拝もうってことになって向かってたけど、
雪崩で通れないコースがあって、コース組みなおし。
今日は時間もないし、滑ってみたいコースもあったから、山頂からの景色はまた今度ってことに。

ボーダークロスのコースがあるゲレンデへ。
途中、昨日からNORIさんとの約束の「素敵なスイッチ姿」を披露してもらったり、
オーリーを教えてもらったりしました。教えてもらっただけで、1度もできなかったけど。
体重のせい?
確か、成田童夢くんのDVDにグラトリもあったから、帰ったら勉強してみようかな。
えー、でも、フリーランが上手くなってからにしたいな。いつのことやら。
雪猫さん。>「グラトリ練習中」って何ですか?って何度も言ってておかしかった。

ちびっこ兄の足が痛くなったってことで(あとで聞いたら、雪猫さんも足が痛かったとか)、
ボード3人でリフト。
ふくさんは雪猫さんを待ってみるってことで、NORIさんと2人でクロスコースの登録へ。
こういうのって、名前とか住所、電話番号を書類に書くのね。
あっ、年齢も。
NORIさん分かってるくせに、わざと聞いて言わせた気がする。

初めてのクロスコース。
でっかいウェーブやらカーブがあって、怖い怖い。
NORIさんはあっと言う間に見えなくなって焦るけど、大きいウェーブの下りで減速しすぎて、
次のウェーブに上がれない。
2本目は少し頑張ろうと思いながらリフトへ。

リフト混んでて、時間もったいないなぁ、1人レーン行くってあいのりではナシなのかなぁ・・と思って
隣のNORIさんを見たら、1人レーンの方向を凝視してる。
すかさず、「あっち行く?(行こうよの意)」と聞いたら、私に返事もせず、隣の人に「すみません」って言って、
横切らせてもらって直行。慌ててついてきましたさ。
いいね?。

その後も、1人レーンを使って何本か上へ。
ふくさんの姿は見当たらず。
雪猫さんと滑ってるのかな??と思ったり。
NORIさんの、「キッカーで飛ぶ素敵な姿」も見せてもらいました。
が、スピードが追いつかず、着地はあまり見れませんでした。

何度か目にリフトで上がったとき、待ち合わせ時間まであと20分になっていたらしく、
「これラストね」とクールなNORIさん。
うそ?ちっとも時計を見てなかったから、突然楽しいところをぶったぎられて、びっくり。
あと1本くらい行こうよ?って思いながら滑って、お願い。
NORIさんは待ち合わせ時間の感覚が私よりちゃんとしてるので、乗り気ではなかったかもしれないけど、
つきあってくれました。
これが本当のラストってときにリフトからふくさんにメール。
ゴーグルしてると、携帯の画面って見えないのね。勘で打ちました。
・・・待ち合わせ場所で合流することに。

どうやら私たちが先に着いたようなので、私はビンディングの取り外しにかかりました。
あぁ、本当にこれでもう今シーズンは終わりなのね・・・と、すっごく悲しかった。
あいのりで知り合って、一緒に滑ってご飯食べて、どんどん親しくなって、でももう終わりなんだね。
あとは帰るだけ。

だんなさんが迎えに来てくれて、マンションに戻って着替え。
部屋の中はすっかり片付いていて、雪猫さん、だんなさん、ありがとうございます。
私たちだけ楽しませてもらいました。

帰りの車の中で、NORIさんが持ってきてたiPodを。
懐かしいBOΦWYや、大好きなBOAの曲がかかり、音痴なのに鼻歌が出てしまいました。
それから、猛烈に顔が乾燥して、セブンイレブンで買ったパックをさせてもらいました。
お目汚し、失礼しました。馴れすぎですよね。

いつも、帰り道って早いなぁと思うけど、あっと言う間にお別れの時間。
すっごく寂しかったけど、みんな普通にしてるし、あいのりってこういうものなのかなって思って、
雪猫さん家族とサラッとお別れ。 ぐすん

ふくさんの車に3人で乗り換えたけど、やっぱりさびしくて、あんまり話す気にならず。
NORIさん家に着くのも、あっと言う間でした。
ここもまたあっさりとお別れ。
あとは私の最寄駅まで送ってもらったら、本当に終わり。
mixiのこととかあいのりのことをいっぱい質問していたら、すぐ着いて、お別れ。
駅のロータリーでふくさんを見送ってボーゼン。

帰ってきて部屋で1人、パソコンの前で放心。
いろんな不安を乗り越えて無事に楽しめたという安堵感、不思議な達成感、
楽しかった2日間のことを思い出してまだ気持ちが昂ぶってるんだけど、
明日から、いや、いまこの瞬間だって、もうバラバラなんだ、私のことも忘れちゃうのかな?と落ちたり。
みんなは何度もあいのり行ってるから、たくさんの中の1回なんだよね、
今回のがいままでで一番最高のメンバーじゃないかもしれないんだよね、と思ったら、ポロリ涙が落ちました。
みんなにメッセージ送ろうと思っても、いろんな気持ちが渦巻いて、なかなかちゃんとしたメッセージを書けず。

いつもシーズン終わりは寂しくなるけど、楽しい思いした分だけ、いつもの年より寂しい。
協調性が足らない私には勉強になったし、未知の世界を体験できたし、何よりもみんなと楽しく過ごして、
予定外で彼氏より多く滑れたけど。
終わってみたら、行かないほうが苦しみは来なかった?
逢いみての、のちの心にくらぶれば・・・ちょっと違うか。
浮気の苦しみ。自業自得だね。

なーんて、今週末もまた雪山行ったりして。 はい、B型。

おしまい。
やっとおしまい。

?へ ?へ
【2008/03/28 00:15】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(5) |
 He arrives to here soon

友達の男の子と、仕事帰りにご飯を食べたあと、異空間に行ってきました。
そこは銀座のどこか。(場所は覚えてません)
フツーに英語で話すひとたちや、出会いを求めて?店内を回遊しながら飲むひとたち。

大きい音で音楽が鳴っていて、人でぎゅうぎゅうで、こぼれた飲み物、落ちたゴミ、散らかった食べ残し。
うへぇ?。
とんでもないトコに来ちゃったな、と思ったけど、自分では来れないし、知らない世界のぞくのもいいかなと、
落ち着かないなりに居てみることに。

飲み物を取りに行ってくれた友達を1人で待っていると、いろーんな人が声をかけてきます。
誰と来たの?1人?連れは男?と、店内をくまなく聞いて歩いてる男の人。
チラチラこっちを見ていて、ちょっとずつ近づいて遠慮がちに英語で話しかけてくる外国人。
不動産関係のお仕事をしているという、かっこいいサラリーマン2人組。(逆光で見えなくて雰囲気だけど)
日本に来て10年、日本語ペラペラの、色が白くてうらやましい外国人2人組。(いまゴーグル焼けだからね)

友達についていったらそういう空間で、何の目的もない私は、少々居心地悪し。
話しかけられても、話しかけてきた男の人に興味がないので必要最低限答えるだけ。
早く飲み物持って戻ってきてくれないかな?と、人ごみに消えてった方をチラ見。
所在な?い。

俺がいない間、嫌だったら ”I have a boyfriend,He arrives to here soon.” って言えって
教えてもらったけど、言えなかった。
だって、そんなこと恥ずかしくて言えない。
自意識過剰じゃん?

友達が楽しそうにしてるから、それ見てるのもいいかな・・・と思って、遠くからニコニコ様子を見てると、
隣にいた外国人に、「彼との関係、ビミョーなの?」と。
日本語うまっ!
外国人に「微妙なの?」などと聞かれるとは思わずにビックリ。

帰り、友達が酔って酔って、会話が成立せず疲れますた。
酔う前に、どうやって家まで帰るのか、確認しとくんだったな。
面倒くさくなっちゃって、銀座の街に置いていこうかと思いました。
でもまぁ、この乗り切れない私を置いていかず、守って?くれてありがとよ。


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


さて、疲れを癒すために、近所の公園に行ってきました。
着いたときは花曇りだったけど、しばらく散歩してると青空が!
すかさず、パシャです。
P1030467.jpg



一番好きな撮り方、後ろボケ。
あ?、nikonD70で撮ってたときは、もっとうまく撮れたのにな。
カメラの性能は、限りなく腕前をカバーしてくれます。
P1030443.jpg



若い木なのか、枝が短いからか、他の花より色が濃くて可愛い。
P1030445.jpg



逆光で、花びらを光で透かしてみました。
P1030461.jpg



花が密集していて生命力を感じます。
P1030465.jpg



○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


今夜からまたボード行こうとしてるのに、埼玉は桜の季節ですなき
と思ったら、うちのシクラメン、また咲き始めました。
春の桜と、冬のシクラメン。
こないだ栄養剤あげたからかな。

P1030436.jpg


【2008/03/29 17:52】 スノーボード | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。