FC2ブログ
ようこそ! 愛用のカメラLX2で撮った写真と日記


 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 6/26 富山帰省

5月末に休日出勤したぶんの代休をもらって、明日から3連休です。
今日は18時に会社を出て、富山に久々の帰省です。

初めてT-CATからリムジンで羽田に向かってみました。
車内がオジサン臭で充満していたのを除けば、リムジンって快適!
会社から乗り場まですぐだし、座れるし乗り換えないし、いいわ?。
もうちょっと頻繁にバスが出ていれば、もっと気軽に使えていいのにと思いました。

☆      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆      ☆

ばぁちゃんに会えるのはすっごく嬉しいけど、母親のことを考えるとユウウツ。
午後の仕事中、それでちょっとユウウツになり、顔にアレルギーのブツブツが出ました。
ステロイド塗ってジルテック飲んで何とか色味はおさまったけど、
頬が痒いし、目が腫れてるし、唇はピリピリ痛みます。
あ?、帰る前からこのユウウツは何?
私が少ない休みを使ってこんなに嫌々帰省するのを知らず、
一大イベントとして、私が帰るのを待ち構えてるのを想像すると、余計にユウウツ。

羽田空港で家族にお土産を買うついでに、アレルギーの自分を労ろうと、カフェでお茶しました。
あいのりでそえちゃんに教えてもらったバームクーヘンねんりん家のカフェ。
あったかいバームクーヘンにホイップをプラスしてもらいました。

P1060945.jpg

富山空港からバスに乗り、富山城そばにある、お気に入りのドーミーインホテルに宿泊。
1泊でも実家で過ごすのを減らす工夫!?

ここは部屋も素朴で落ち着くし、大浴場が天然温泉で癒されるのです。
布団は自分(実家ではなく鳩ヶ谷)の部屋のみたいだし、枕元に電気やテレビのリモコン揃ってるし、
写真に写ってないけど、部屋の電気も家庭用だし、壁掛け用のフックも家庭用です。

P1060946.jpg

気に入ってる温泉。
コーヒー色で、つるっつるになるお湯です。

P1060948.jpg

スポンサーサイト
【2009/07/05 22:15】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 6/27 富山も暑い!

田舎に帰ったら涼しいだろうと期待してたのに、暑い!

今日は、母とばぁちゃんと3人で、金沢の近江町市場へ行く予定にしていたけど、
ちょっと足の悪いばぁちゃんが、「やっぱり歩く自信がないから留守番している」と言う。
それを聞いて私は、じゃあ私も行かない!と思ったけど、母は「私たち2人で行こう♪」と張り切っている。
まぁ、ばぁちゃんが来なかったら、効率よくさっさと見て回れるし、歩ける距離が伸びるから行動範囲は広がるし、
食べられるものも増えるから、お店に入る選択肢も増えて楽しいのだろう。

でも、そんなのお断りです。
私が2人で行くのを本気で嫌がってるのにも気付いてなくて、うんざり。
ばぁちゃんに気を遣って断ってると思ってて、自分には気を遣ってくれないとナジる。

いつか、母娘2人で海外旅行なんぞできるといいなーと思ったこともあったけど、
ぜぇぇぇぇぇぇったいに無理。
そんなことより、いつかつきっきりで介護しなきゃいけない日が来るかもと思うと、気が滅入ります。


そんなこんなで、家でダラダラと過ごしました。
暑いのにクーラーの準備ができてなくて、室内機と室外機のカバー外そうか?と聞いたら、
「まだ6月やからクーラー使わんでいいやろ」と。
え?、あと数日で7月だよ!
これじゃ、埼玉より暑いよ。
精神的にも、肉体的にも、修行しに来たカンジです。

そうだ、お土産。
ねんりん家のバームクーヘン。
羽田空港限定の、ホールバージョン。

P1060951.jpg

それから、ばぁちゃん好物、竹林堂の酒まんじゅう。
富山で前泊してきてJR富山駅を使う際には、お約束のお土産です。

P1060952.jpg

そのほか、ばぁちゃん好物の鳩サブレ。
あとは、飯田橋の青森サテライトショップで仕入れた、イカの南部煎餅。
これは母の好物。(ばぁちゃんにばっかり!とヤキモチを焼くのが面倒臭いので一応)


夕方になってようやく涼しくなってきた頃、夕飯食べに海の近くにお出かけ。
今が旬のシロエビを食べてきました。
シロエビのかき揚げとシロエビの刺身(昆布じめ)の定食。

20090627230259[1]

かき揚げはシロエビより玉ねぎが多くてちょっとガッカリ。
メニューでは、かき揚げがメインのように書いてあって、ちょっと偽りアリのような。。。

20090627230309[1]

刺身は甘くてねっとり美味しかった。
生のものは、18年ぶりくらいに食べました。
【2009/07/05 23:05】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(1) |
 6/28 プチ富山観光

今日は一応、今回の帰省でメインとなる日です。
昼ごろ、母とばぁちゃんと3人でプチ富山観光に出発です。

国道を走っていると、名物?の、意味不明の看板。

P1060953.jpg

まずは、私のリクエストにより、大岩山日石寺のお不動さんへ。
ここ、なんとなく好きなんです。(信仰心はまったくありませんけど)

P1060956.jpg

申込みをすれば一般人も、ここの滝で修行することもできるそうです。
脇には、更衣室もありました。

P1060958.jpg

大岩不動の名物、冷水(霊水じゃないよね?)を利用した、大岩そうめん。
細くてキュッと締まってて、ダシが効いてて美味しいのです。
12年ぶりくらいに食べたけど、やっぱり美味しい!

P1060962.jpg

それから、母の希望で、滑川の道の駅へ。
海洋深層水の足湯がありました。

P1060967.jpg

海を一望できるよう、高いところに作ってあり、専用のエレベーターがなく、ばぁちゃんは階段を見上げて途方に暮れてました。

1階の海産物の売店で聞いたら、奥にある「ほたるいかミュージアム」にエレベータがあって、
それに乗らせてもらえば足湯にも行けるから、ミュージアムの受付で聞いてみてくださいと。

受付に行って、足湯に行きたいけど階段きついからエレベーターに乗せてもらえますか?と聞くと、
ミュージアムの利用者用なので、足湯に行く人は使えません、階段を登ってください、と。
杖をついてる年寄りを見ながら言うなんて、すごいね。

足湯、今日は止めようか?とばぁちゃんに聞くと、階段登ってみる!と。

P1060966.jpg

苦労して階段を登っての足湯、気持ちいいねぇーと言ってました。
よかった。

P1060964.jpg

更に、ばぁちゃんの希望で、魚津の「海の駅」へ。
道中、魚津ミラージュランドの観覧車が見えました。
懐かしい!

P1060969.jpg

今夜は、温泉宿泊です。
本当は平日プランの一番安いのを予約していたけど、ばぁちゃんがエレベーターのそばの部屋がいい!と
チェックイン時にわがままを言い、部屋を変えてもらいました。

P1060973.jpg

宿を決めるときに決め手となった、天然温泉。
紅茶色で、ヌルヌルつるつるで満足でした。

P1060979.jpg

食べきれないほどの夕飯。

P1060988.jpg

ばぁちゃん、今年は骨折して大変だったけど、良くなってきて良かったね。
ずーっと元気でね。

P1060981.jpg
【2009/07/05 23:42】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 6/29 富山帰省おしまい

久しぶりに寝苦しい夜を過ごしました。

前回の温泉旅行で分かっていて覚悟はしていたけど、母とばぁちゃんは、夜中に何度も何度も代わる代わる
トイレに起きるのです。

ばぁちゃんは、そーっと行くけど、転んだりしないか気になるからか、目が覚める。
母は全く遠慮がなくて、バタンバタンうるさいし、電気を煌々とつけるから目が覚める。
布団に戻ってきてからも、再び寝付くまで派手に寝返りを打ったり、うなったり、ガサゴソするので、
こっちも寝れない。
それが、30分から1時間置きくらいに交互に。

やっと寝れそうになった明け方、早くから起きる母が、洗面所との仕切りのドアを開けたまま、
水道のじゃぐちを全開にして水をジャージャー流しっぱなしにして歯を磨いてる。
その水音と、磨き終わってからもスリッパをぺったんぺったん鳴らして部屋を歩く音で寝れない。
カーテンもジャーっと鳴らして開け放つし。

もう寝ないことにしました。
あいのりでは爆睡できるし、彼氏が夜中にトイレに行ったって全く気がつかないのに何でだろ。

部屋からみた景色。
奥に見えてるのは立山連峰です。

P1060992.jpg

寝不足のまま朝ごはんを少し食べ(疲れて珍しく食欲ない)、チェックアウト。
富岩環水公園のスターバックスコーヒーへ。
ばぁちゃんは、スタバのコーヒーが好きなのです。

P1060994.jpg

その後、富山大和(富山唯一のデパート)へ行きブラブラし、母の希望で雑貨屋をめぐり、
まだ飛行機の時間まで数時間あったけど、空港へ送ってもらいました。

そそくさと車を降り、「見送りはいいから、気をつけて帰ってね!」と逃げるように帰路へ。

18時過ぎの飛行機に乗るのに、空港に着いたのが16時ちょっと前。
待ち時間は長いけど、1人になりたい!1人になりたい!1人になりたい!と道中ずっと思っていたので、
開放感でいっぱいになりました。

おしまい。
【2009/07/06 00:02】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 完熟梅シロップ

去年の秋にAちゃんからもらったスダチで作ったスダチ酒がそろそろ飲み終わりそうで、
6月に入ってからずっと梅酒をつけようかどうしようか迷ってました。

どうしようどうしようと思っているうちに、休日出勤があったり、富山帰省があったりして、
青梅の時期はとっくに過ぎて、完熟梅が出回るようになってしまいました。

迷って、今年初めて、梅シロップに挑戦してみることにしました。

ほんとのレシピでは、青梅を使う。
氷砂糖と梅をビンに交互に詰めて、水分が上がるのを待つだけ。
失敗すると、腐ってブクブクと泡が出てくることがあるかもしれないらしい。

甘?い香りが立って、既に水分が滴っているいる完熟梅では、もっと腐る可能性あり。
平日の日中は留守で暑いし、自分のビンの殺菌に自信がない。

どうしようと迷って、梅を熱湯消毒し(風味抜けちゃったかしら!)、ビンに梅をぎゅうぎゅう詰めた隙間に
ぎっちりと細かい氷砂糖を詰め、なるべく空気がないように工夫し、ホワイトリカーも注いでみる。

更に、冷蔵庫へ。
ちっちゃい冷蔵庫の中に、大きいビンを入れたので、冷蔵庫の中が薄暗い。

1週間くらい様子を見て、梅からエキスが出たら鍋に入れて火にかけ、消毒殺菌してみよう。
こんな勝手な作り方して、風味残るかしら。

心配だけど、こういう長期ものの食品づくりって、実験的で楽しい。
siro680.jpg
【2009/07/06 00:18】 日々のこと | トラックバック(-) | コメント(0) |
 7/11 ナイトサファリ

ひっさびさに土日の休みが合ったダリンと、デートでしたハート

お昼すぎ、何度寝か分からないほど、起きては寝るダリンを一生懸命揺すって起こし、1時すぎにようやく出発。
東北道に乗って、まずは課長が通っているという矢板のイタリアンでランチ。
4号沿いに建つ、ペンションのような雰囲気のお店。
カーナビに違った場所を案内され迷ったけど、何とかランチタイムが終わる15時に間に合いました。

P1070007.jpg

ランチセットと、課長オススメの牛トロ寿司。
私はやしおポークが柔らかくて美味しくて気に入りました。

P1070002.jpg

今回の目的のナイトサファリまで時間があるので、彼氏のゴルフの練習につきあう(見学)ことに。
適当に道を走っていて見つけた、「打ぱなし」。
「打ちっぱなし」ではなく、「打ぱなし」。
うちぱなし?

P1070018.jpg

彼氏がゴルフをするのを初めて見たけど、とーっても下手で驚き。
そして、ちっとも上達しない。
あまりにも下手で、おかしくて見飽きませんでした。

P1070009.jpg

夕方になると涼しい風が吹いてきて、さすが高原だなーと、快適に見学しました。

P1070014.jpg

19時半すぎ、彼氏に「汗かいたねぇ?。温泉行こ!」と持ちかけ、前から行ってみたかった那須湯本温泉の海雲閣へ。
ちゃーんと、お風呂セットを黙って車に積んであるもんね。
ウキウキして温泉に向かい、途中ケータイで電話をしてみると、あと15分で立ち寄り湯は終わると言われる。
ちぇ。

楽しみにしていた温泉に入れなくてテンションが下がったまま、那須サファリパークへ。
夜は、自家用車から園内バスに乗り換えて動物を見てまわります。

P1070063.jpg

ライオン。足太っ!

P1070024.jpg

キリン。でかっ!

P1070037.jpg

草食動物には、有料販売していたエサを手であげることができます。
キリンはもうすっかり慣れていて、停まったバスに近寄ってきて、左の窓から全てエサをもらったら、
ゆっくりゆっくり右の窓に移動して、また順々にエサをもらって進みます。
賢いのぅ。

P1070031.jpg

鹿は、群れでエサをもらいにやってきます。(ロバも混ざってました)

P1070041.jpg

鹿は噛まないということで、窓の外に手を出して良いと許可が出ます。
角を触ってみると、ビロードのように気持ちいい手触りでした。

P1070049.jpg

窓についている柵から鼻を入れてきて、エサをもらおうと必死です。
ここらへんで、温泉に入れなかったことを忘れ、めちゃめちゃ興奮しました。
いつもテンション低いダリンも、バスの中の子供たちと一緒に、「おいでー、おいでー」と鹿を呼んでいました。
ちと、びっくり。

P1070046.jpg

バスが進むと、鹿たちも並走して付いてきます。
鹿が一番エサに執着してました。

P1070043.jpg

写真は撮れなかったけど、この後、ゾウがいました。
窓の柵から鼻を入れてくるので、鼻の穴にエサを入れてやると、シュッと鼻を引いて口にエサを運びます。
ゾウもキリン同様慣れていて、前の窓から順番にエサをもらいに鼻を差し込んできます。
鼻の穴が鼻水?でべっちょべちょになっていて、そこにエサを入れると、ただそれだけなのに興奮しました。

ナイトサファリ、おすすめです。
課長にオススメ返ししておきました。


7/12

夕方起きて、再び打ちっぱなしへ。(今日は近所の)
昨日より更に下手になっていたダリン。
何で?

P1070074.jpg
siro680.jpg

【2009/07/16 22:28】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 ジェンキン寿司

佐渡から帰ってきました。

ジェンキンスさんの本を買い、サインをもらい、写真を撮ってもらい、お菓子を買ってきました。
写真を撮る前に、「ジェンキンスさんの写真を撮るのは失礼ですか?」とお店のお姉さんに聞くと、
それは当然のことなのでどうぞ、どうぞ、と流れ作業的に順番が回ってきました。

P1070258.jpg

接客の合間をぬって、品出しなどをしていらっしゃいました。
3連休疲れか、日本へ来てからの疲れか、ため息をつきたそうな雰囲気でした。
客寄せと言うか、見世物と言うか、申し訳ないな?と思いながらも、接客(主に記念写真とサイン)もお仕事
のようで、店員(店長)さんが次々に仕切っていらっしゃいました。

P1070255.jpg

佐渡の観光日記はまた今度。
今から、ジェンキンスさんの本を読むのだ。

↓猫のmixi日記より拝借

1227172051_53s[1]


【2009/07/21 00:16】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 佐渡ごはん

佐渡で、食材いーっぱい買ってきました。
自分が食べてみたいものと、ダリンへのお土産を兼ねて。
猫が、帰りも鳩ヶ谷まで車で送ってくれるって言うので、お言葉に甘えて、佐渡のスーパーで
保冷ボックスを買って食材を買い込みました。(甘えすぎ?)

へんじんもっこのソーセージ(画像は、一部シャウエッセンも混ざってます)。
とびうおのつみれ。(あっ、解凍していたながもを入れるの忘れた!!)
やきふぐの子。
岩のり。

P1070318.jpg

おいしい!
でも、どれも味が濃い!

ソーセージは塩気が多すぎ?
一口でごはんが進みます。

とびうおのつみれも塩気があるような気がしました。
単に味噌を入れすぎた!?
あと2袋あるので、次回は味噌控えめに。

焼きふぐの子も塩・塩・塩!
一口でごはん3杯はいけそうなくらい塩っ辛くて、他におかず要らないくらい。
ごはんにまぶしておにぎりがいいかも。

岩のりは甘いっ!
磯のいい香りもたっぷりだけど、砂糖もたっぷり?

【2009/07/22 23:01】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 7/18 佐渡旅行 佐渡汽船編

いよいよ佐渡旅行。
佐渡汽船がETC割引に便乗し、超破格の「乗用車搬送代金片道1,000円」を期間限定で実施してくれました。
計画性のある猫がそれを予約し、旅行を企画したところへ、私が更に便乗し、佐渡へ行くことになりました。
便乗・便乗の旅です。


7/17 23:00
猫ファミリーが鳩ヶ谷まで私を拾いに来てくれ、猫の運転で出発です。
ボード以外の旅行で一緒に遠出するのは初めてだったけど、もう何度も会っているので今更緊張も何もなし。
春先に行ったボードあいのりの話や、新しい職場のこと、こないだ実家に帰った話など、しゃべりっぱなしでした。

アイコン名を入力してくださいここらへんの猫の日記


新潟港を9時に出発するフェリーを予約してあったけど、きっと1便前の6時のキャンセル待ちで乗れる!乗ろう!
ということで、早朝に新潟港に着く計算で出発していました。

関越渋滞もなく、予定通り明け方に新潟港着。
マックで小腹を満たし、フェリー乗り場へ。
乗り場のおじさんに、1便前の6時のフェリーのキャンセル待ちをしたいと申し出ると、「それは構わないけど、
9時の乗船券を放棄してもらわなきゃいけない。6時も9時も乗れなくなったら・・・」と。
何で?どーしてそういうシステムになってんの?
そんな賭けできません。
満場一致(大人だけ。子供は寝てた。)で、掛けに出ないことにし、ガソリンを満たすべく再び街へ。

助手席で居眠りしてたのか、1週間前の記憶はなくなっちゃうのか、何も覚えてないけどどこかでガソリンを入れ、
再びフェリー乗り場へ。
気がついたときには、車は9時の便の列の先頭に並んでました。

仮眠から覚めて、雨の中、展望台を散策しに行きました。

P1070078.jpg

車を乗せず、人間だけ乗る人の乗船口。
JRの駅のようになっていました。
壁や天井、床の素材などが高岡駅に似ているような気がして、船はJR西日本なの?と思いました。

P1070081.jpg

両津から戻ってきた船。
これに乗るんだよね?とワクワク。
しかし、なかなか乗船が始まりません。
ちゃんと1番目に乗船できるのか心配していたら、1番目は、かっぱ自転車でした。(雨かっぱを着た自転車の人)
ま、仕方ないか。

P1070084.jpg

いよいよ、乗船。
おけさ丸という名前のフェリーの後部から乗ります。(大人風の言い方)
アニータと悪乗りし、「わーい、わーい、オケツ丸の肛門から乗るぅ?」とおおはしゃぎしてしまいました。
お下品ですこと。
でも、これで一気にアニータとの距離が縮まった気がします。はい。

P1070086.jpg

船の内部。
オケツ丸の肛門から、まっすぐ通路兼駐車スペースが伸びています。

P1070087.jpg

みんな、案内してくれるおじさんの指示どおり駐車し、ギッシリと車が積まれていきます。
立体駐車場のようになっていて、2階部分もあって驚きました。

P1070114.jpg

そして、急いで船内へ。
2等(雑魚寝席)なので、スペース確保しようと必死です。
駐車場からは、エスカレーターがあってまた驚き。
船の中ってすごいんだね。

P1070089.jpg

2等席でせっかく一番いい角のスペースを確保したけど、出航してすぐ甲板へ。
海鳥がエサを欲しがって、ずーっとずーっと船について飛んできます。
群れになって飛びながら、エサを確認するため首をまわしてこっちを見るのが怖い。
でもそのうち、アニータが自分でもやってみたくなって、お菓子を買うためにお金もらってくる!と。
お金もらいに戻るのが面倒くさくて、「いーよ、お菓子買ってあげるよ」と言ったけど、アニータは無視。
勝手に買ってもらわず、親のところに戻るとは、すばらしい躾です。

P1070106.jpg

アニータと、ジナーン。
2人とも可愛い顔してるのに、どうして写真撮ろうとするとこんな顔するかなー。

P1070111.jpg


アイコン名を入力してくださいここらへんの猫の日記

【2009/07/26 14:27】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 7/18 佐渡旅行 島到着

両津港に着き、オケツ丸の口から出る(後ろから入り、前から出る。船内は直進のみ)と12時過ぎ。
早速お昼ごはんです。

猫がリサーチしておいてくれた、民芸食堂「駒澤」へ。
お店に入ると、なんだか「お客さんが増えるのはちょっと・・・」といった感じの迷惑そうな感じ。
いけないの?と思ってよく聞いてみると、「年寄り2人でやってるから、かなり待ってもらうことになる・・・」と。
待ちます、待ちます。待っていいなら。

先客で、団体さん(と言っても6人くらいのグループ)が1組いて、きっとそれに時間がかかりそうなんだろうと、
時間をかけてメニュー(扇子に書かれていた)をじっくり見て、何を注文するか吟味する。
揚げ物が美味しいという前評判なので、私はカキフライかトンカツかエビフライか迷う。
肉、好き。
海老も好き。
でも、富山も秋田も鳥取もそうだったけど、日本海側?って、牡蠣の旬は夏よ。(真牡蠣じゃなく岩牡蠣)
夏の牡蠣って、大きくて甘くて、磯の香りたっぷりで美味し?のよ。
それがフライになったらどんなことに!?と想像が膨らむ。(妄想得意)

と、団体さんに食事が運ばれ、うめぇーうめぇーと感嘆の声をあげて食べ始める。
何がうめぇーのか気になって、トイレに行くフリをして団体さんの後ろを通り、チェック。
すぐに戻るとおかしいので、トイレの中から、タケオさんにメールする。
「ほとんど(の人が)刺身」。

迷ったけど、刺身に1,500円は出せないと思い、カキフライを頼む。
「カキは(夏は)ないんです。」と。
あら?
んじゃ、エビフライ。

注文し終えたとき、団体さんのテーブルに更に皿が運ばれてきて、歓喜の声が。
何ごと!?
もう、トイレに行くフリも、遠慮も何もなく、凝視。
カニフライ(1,700円)だ!カニの足をフライにしてある!
カニフライってカニクリームコロッケだと思って、それが1,700円って高いと思って候補に入れなかったけど、
あれなら食べたーい。

猫が「今なら間に合う!」とお店の人に言いに行ってくれて、無事カニフライを食べました。
豪華さはもちろん、甘くてふんわり柔らかくて美味しかった。
ソースかけなくても、カニの味で充分なくらい。
お味噌汁も、実家の味と似ていて(隣の県だから?)好きな味でした。
ごはん(お米)も美味しい!
佐渡っていいところだね。(まだ観光ひとつもしてないけど)

アイコン名を入力してください猫の昼ごはんの日記

P1070118.jpg

美味しいものいっぱい食べて、満足。
さて、観光どうしよう?
せっかくの旅行なのに雨なんです。

まさか旅行で雨が降るとは思ってもいなくて、天気予報もチェックしなければ、カサの準備もしてない。
でも、帰ってきて職場で話したら、佐渡って雨が多いってことでした。

とりあえず、宿の近くの「トキの森公園」へ。
展示資料館には、日本の野生最後のトキ「キン(雌)」の剥製などがあり怖い。
36歳で死んだそうです。(鳥の36歳って長生きなのかしら?私もいま36歳。今死ぬのは心残りが多すぎる)

P1070122.jpg

観察回廊からは、飼育ケージに入ったトキを遠くから見ることができます。
よく見えねーっつうの。

P1070120.jpg

帰ってきて、パンフレットをよく読んでみると、トキって、大変な思いをして繁殖させているのが分かりました。

江戸時代には、国内のいたるところに生息していたらしいトキ。
昭和になって、佐渡に残っていた野性のトキを全部捕まえてペアリングを試みるが失敗。(この時点で6羽)
中国から雄のトキを借りて「キン」とペアリングを試みるが失敗、中国に返還。
「ミドリ」とやら言う日本の娘を中国に嫁に出すが、子供ができず離婚、帰国。
中国から再度トキを2羽借りて「ミドリ」は一妻多夫制をとるが、子供ができないまま1羽は日本で死亡。
(借りたもの死なせて大丈夫なの?)
残りの1羽と「ミドリ」の間に子供ができ卵が生まれるが、孵化せず「ミドリ」死亡。
ダンナは中国に帰る。

んで、やっと中国から夫婦でもらったペアが日本で人工繁殖成功。
後に、その子の嫁も中国からもらって繁殖成功。(やっぱ中国の嫁はいいのぅ・・・とか思った?)
中国からやってきた「ニッポニアニッポン(トキの学名)」が繁殖したのを見届けるかのように、
日本生まれの「キン」死亡。

なんだか複雑。
ニッポニアニッポンは、中国生まれです。
子供は日本で生まれましたが中国人、嫁はもちろん中国から来てます。

アイコン名を入力してください朱鷺についての猫の日記


トキって絶滅したと思ってたのに、何か違うんだよなーというモヤモヤを残してトキの森公園を後にする。
雨で次の観光へ行く気分ではないのと、3時を過ぎたので、今夜の宿へ向かう。

猫がネット検索を駆使して取ってくれた、「トキ交流会館」。
ここは、一応は「トキの野生復帰に向けたボランティア活動がしたい方、トキや佐渡について学びたい方に、
宿泊・活動場所を提供します。」という市の施設です。
野生復帰云々の熱意はないけど、トキについてはさっき勉強してきたからいっかな。

素泊まりで大人1泊3150円という激安ながら、部屋は広くて快適。
あいのり(半公募)旅行にする予定だったのか、猫は2部屋取っておいてくれたので、
鳩は、この部屋を1人で使いました。
(ダリンと会社の同僚を誘ってみたけど、知らない人と泊るのは嫌だってさ。部屋別だって言ったのに。)
カバンから荷物を全部出して散らかして、夜すぐ寝るために布団を敷いてもなおこの広さ。

P1070124.jpg

バス・トイレつきの部屋だったけど、夕飯の食材の買出しの後に、宿のすぐ隣にある潟上温泉へ。
2つお風呂があって、私と猫は古い方の「さぎの湯」へ。
狭いのに激混みで写真が撮れなかったので、ネットから拝借。

niibo2[1]

ハート型の湯船に、なみなみと熱い熱いお湯が注がれオーバーフローしてました。
洗い場が狭く、シャワーが2つしかないため、とりあえず湯船から洗面器でお湯を汲み体を洗います。
オーバーフローしてくるお湯が熱くて熱くて足を床につけていられないし、浴室は湯気で熱気ムンムン。
狭いサウナの中で体を洗っているよな、息苦しい感じでした。

地元の方らしき先客さんがシャワーを譲ってくれ、たよりない湯量のシャワーでなんとか髪を洗い終え、いざ湯船へ!

あっちぃぃぃぃ?。
足しかお湯に浸けることができません。
そして、あっという間にお湯に浸かってるところが真っ赤になりました。

こりゃムリだわ・・・と、半身浴にも至らぬ足湯状態でジッとしていると、地元の方らしき人が水で埋めてくれました。
よかった!
ジモセンのような銭湯や温泉って、勝手に水で埋めると怒られるところもあるから遠慮してたのよ。

ちょっとお湯を舐めてみると、塩のような昆布のような、美味しい塩味でした。
そして、シャワーもさりげなく味見をしていたけど、同じ塩味。
洗い湯も温泉なのね?。

熱くて、スッキリさっぱりするいいお湯でした。


宿に戻り、Aコープで仕入れてきた地元の食材で自炊。
おぉ?、猫の雪山あいのりだ!

ジェンキンスさんと記念撮影するときにかぶるという猫お手製のお面と、ジョヌさんの共和国訪問の際に
役に立った?うまい棒。

P1070123.jpg

どーでもいいけど、富山ではうまい棒のこと、「うま棒」と言っていた気がする。
別のものなのか、なにかと混ざったのかと思っていたら、潟上温泉の売店には「うま棒」と書いてあった。
北信越地方のなまり?

アイコン名を入力してくださいこの日の猫の日記
アイコン名を入力してください北のロイヤルファミリー猫日記
more…
【2009/07/26 15:19】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 7/19 佐渡旅行 雨の観光(午前)

7時起床の約束なのに、目覚ましセットするのを忘れていました。

7時過ぎ、アニータから内線がかかってきて目が覚める。
んで、寝起きのかすれた声を聞いて「まだ寝てたの?」とケーベツしたような、冷たい声。
一気に目が覚め、ボードのときと違ってヤル気がないな・・・と反省。

パジャマ&メガネのまま猫ファミリーの部屋にのっそりと行くと、昨日の宴会の片付けはすっかり
終わっていて、朝ごはんの支度ができている。
スミマセンねこ

今朝の朝ごはんは、昨日買出しに出たときにいっぱい買い込んできたパン。
佐渡コミュでちょいちょい名前が出ていた「ナカパン(中川製パン)」と、喜昇堂のパン。
どちらも甘めの柔らかい、昔っぽいパンでした。
鳩ヶ谷で言うと、丸十パンのような素朴な優しいパン。
バターたっぷりのデニッシュやクロワッサン、クルミやドライフィグが入ったどっしりしたパンが好みの鳩には、
すごく懐かしい感じでした。

そして、今回佐渡滞在中に何度も飲んだ佐渡乳業のコーヒー牛乳。


    ミルクたっぷり、砂糖たっぷりで、甘くてクリーミーで美味しいのです。    
    フェリーの中で自販機で販売していたのを買った猫に分けてもらって飲み、
    Aコープで毎日買い、帰りにはダリンへの土産に1パック買って帰りました。
    ダリンは、うめぇうめぇと言って飲んでました。

    佐渡乳業のHPによると、【「コーヒー牛乳」の生乳率はなんと50%以上!!
    (一般平均30?40%)是非ご賞味あれ!】とのこと。
    工場見学もできたようです。
    事前に知っていれば行きたかったかも。
    (見学・体験好き)
     


さて、観光どうしよう。今日も雨です。
天気予報をチェックしたタケオさんによると、
暴風大雨注意報やらが出ているそうな。
とりあえずは、夕方から始まる小木港の
さざえ祭りまでには晴れると信じて、
海沿いを観光をする。

     さざえ祭りイメージ画像(猫のしおりより)⇒



二ッ亀海水浴場。

P1070135.jpg

海に浮かぶ亀に見えます?

P1070128.jpg

寂しいような、神秘的なような、賽の河原方面。

P1070132.jpg

早速出ました、無敵に笑うオバケ。

P1070134.jpg

賽の河原へ向かって歩いていると、強風に加えて暴雨になったので、途中で断念し車に引き返す。
延々、外海府海岸沿いをドライブ。
すっごく景色が良さそうなところも霧がかかっていてよく見えず。
車内のみんなで、「晴れたらどんなふうか想像しよう!」と言って景色を空想の中で楽しむ。

県道とは言え道は狭く、すれ違うのが大変。

P1070142.jpg

山から海にせり出た岩をくりぬいたトンネル。
こういうのがいくつか続いて、1つめ2つめは感動したけど、3つめからは「もう写真撮らなくていい」と飽きる。

アイコン名を入力してくださいこのあたりで一度、猫の日記へどうぞ

P1070140.jpg

尖閣湾の海中透視船乗り場へ行くが、当然雨で欠航。
海沿いから街へ入り、お昼を食べる店を決める。
観光ダメなら食べるしかない!

P1070143.jpg

猫が下調べしておいてくれたお寿司屋さん、「廻る寿司 『弁慶』 」へ。
クーポンで海老のお味噌汁が無料になる。
このお味噌汁に入っていた「ながも」という海草の食感が気に入り、ぜひ土産に買いたいと思う。

P1070145.jpg

グルメぼっちゃんアニータが、504円の大トロ生マグロを口に入れ、あまりにも美味しくて驚いた瞬間。

P1070149.jpg

アイコン名を入力してください猫の寿司日記
アイコン名を入力してください猫のお寿司の写真
【2009/07/26 16:46】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 7/19 佐渡旅行 雨の観光(午後)

お昼を食べ終わっても、天気はすっきり回復せず。
そんなら、室内の観光だ!と、佐渡金山へ。

ここは、高校の修学学習(校外学習)で来ました。
暗くて湿り気があって足元が悪く、電気仕掛けの人形はやけに顔がリアルで目が合って、テープで気持ち悪い声が
ずーっとずーっと繰り返して流れていて、怖かった思い出です。

今回はアニータとジナーンも一緒に入るのだし、大丈夫だよね?と恐々中へ。
この湿り気と冷気のある薄暗い階段でちっとヤな気分に。

P1070151.jpg

高校のときは、「つらいよー」とか「くるしいよー」だの、「うぅぅぅ」だのといったうめき声がしたと思ったけど、
よく聞いてみると面白いことを言っていました。
「早く外にでて酒も飲みたいし、馴染みの女にも会いたい」!!!!!!!!!!!!
子供も見学に来るのに、「馴染みの女」って!

資料館のパネルに書いてあったのを読むと、高知や岡山、鳥取から出稼ぎに来ていたらしいから、故郷に帰って
奥さんに会いたいんじゃなく、とりあえず休暇で外(相川町?)に出て、出張妻に会いたいってこと?


P1070158.jpg

大人になった今、金山は何も怖くありませんでした。
むしろおかしい。

P1070169.jpg
 と思っていたら!
 もうすぐ出口だって言うのに、
 すっごく怖いものを見ました。
 なにこれぇぇぇぇ?。

 ライトアップされた奥に浮かび上がる化け物。
 気持ち悪い白塗りの厚化粧(お面?)で、
 ムシロの装束を着たものが立って光ってる。
 しかも、みんなそれを教祖のように奉ってる!?
 なに?なに?なに?
 金山の信仰宗教!?   

 資料館に行って猫が得た情報によると、
 この化け物のムシロの着物の模様は、
 ムカデだそうです。余計に気持ち悪い。
   
 どうやら、金脈が出たときのお祝いの儀式の
 様子らしいけど、恐ろしすぎます。

 やっぱ、佐渡金山、怖いです。
 ここでいっぱい人が死んだんだろうし。
 だって、中の案内板にも、環境が悪く短命
 だったって書いてあったし、採掘事故とか
 たくさんあったろうし。
 怖えぇぇよー。      
   

アイコン名を入力してください猫の金山日記

外に出て(!)、猫ファミリーは金箔ソフトクリームを、私はさくら笹団子を食べてしばし休憩。
お土産コーナーで飲めもしない酒の試飲をしたり、チョコレートの試食を2個も食べたりして、
金山の恐ろしさを癒しました。

P1070177.jpg
今夜も買出しをし、宿に戻って隣の温泉へ行き熱湯風呂に入り、自炊の夕食をし、爆睡しました。
目覚まし忘れず!

そうだ、スーパーで買ったカニの身、美味しかったです。
冷蔵庫から盗んだ酢と、共用のお砂糖で甘酢漬けにしたみょうがで酢飯を作り、カニをたっぷり乗せて食べました。
うみゃー。
siro680.jpg
【2009/07/26 18:44】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 7/19 佐渡旅行 チュチェ思想に一番近い橋

そう言えば、お昼にお寿司を食べたあと、曽我ひとみさんの実家付近を通りました。
体験やら観光に気をとられていたけど、そもそも猫と一緒に佐渡に行くってことは、
共和国つながりなんでした。(ジョヌさんも誘いたかった)

アイコン名を入力してください詳しくは猫の日記で。

富山に住んでたころ、「暗くなって海のそばをウロウロしちゃいけない!さらわれるよ!」と、よく母親に
言われました。
まさかそれは共和国のこととは思わず、波にさらわれるとか、ただ単に誘拐だと思って聞いてました。
でも、富山の島尾海岸でも拉致された人がいるのです。

そして、曽我ひとみさん母娘も、国府川がもうすぐ海に入るってあたりの橋で拉致されたそうです。
しかも日本では、誰一人として曽我ひとみさんを拉致被害者とは認識していなかったのです。
ただの行方不明者。

2002年に小泉(当時)首相が北朝鮮を訪れ、金正日総書記と首脳会談を行ったときに金総書記が日本人
拉致の事実を認め、初めて曽我ひとみさんが拉致被害者で、今も生きていると分かったのです。

こんなの、耐えられません!
拉致され異国に連れて行かれ、更に故郷の日本では、だれも(拉致被害者として)探してくれてなかった!

もっと勉強してから佐渡に行けばよかった、ちゃんと調べてからジェンキンスさんに会いに行って、
野次馬ではなく、心から何か声をかければよかったと思いました。
siro S
【2009/07/26 19:19】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 7/20 佐渡旅行 最終日1

今朝は寝坊せず、7時に起きて身支度と荷造りをし、猫ファミリーの部屋へ。
また、すっかり昨日の宴会の片付けは終わってました。(でも部屋は若干酒のニオイ)
2日連続でスミマセン。

今日は快晴。
車を走らせ、宿根木地区へ。

宿根木は、「町並み保存地区」として伝統的建造物の再建や保護に取り組んでいるそうです。
板の屋根の上に重石を並べている「 石置き木羽葺屋根」が多い。

P1070182.jpg

江戸時代に廻船業で栄えた町で、小さな入り江に100軒近い家屋が寄り添うように集まっています。

P1070183.jpg

石畳の小路や水路が縦横無尽に延びています。

P1070191.jpg

地元の人が、花を持って奥のお寺に向かってます。

P1070188.jpg

短い滞在時間の間に、切花を抱えてお寺に向かう人を3人見かけました。

P1070194.jpg

P1070193.jpg

  お寺の手前に井戸がありました。
  (何か怖くて写真を撮れなかった)

  昔は毎日の食事や風呂などに利用されており、
  宿根木の家々で自由に活用されていたそうです。
  共同井戸です。

  江戸時代中ごろ、宿根木の人口がどんどん増加し、
  家が谷の中に収まりきらず、丘の上に家が増えました。
  高いところでは井戸水が不足しているため、
  この共同井戸が利用されたそうです。

  そしてこの階段は、毎日の水くみの往復ですり減った
  ものだそうです。

  階段の1段1段の真ん中がへこんでます。
  古くていい感じの階段だなーなんて思って見ていた
  けど、石段がこんなになるまで階段を往復するなんて
  そうとうの重労働だったろうと思います。

  すぐそこには海が見えてるのに、生活で使う真水を
  確保するのに大変な思いをしていたなんて、
  余計に辛い気がします。

  階段の上にはあがらなかったけど、今でも家が
  ひしめいているのかしら?




宿根木公会堂。
なんだか地元の子は、今でも昔っぽい出でたちなんだなーと思ったら、橋を渡る甚平さん姿はジナーンでした。ベッ3

P1070195.jpg

塩の看板を掲げた三角家。
土地が狭いのに人口が増え、土地を有効活用するために、三角の家が増えたそうです。

P1070196.jpg

宿根木の近くにあった、千石船「白山丸」の展示館に立ち寄り。
船の中は、天井が低くて居心地悪ス。

P1070207.jpg
【2009/07/26 19:33】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(4) |
 7/20 佐渡旅行 最終日2

続いて、たらい舟の里、矢島・経島へ。

入り江では、たらい舟に乗せてもらうことができます。

P1070224.jpg

昨日、海中透視船に乗ることができなかったけど、このたらい舟は、真ん中の底から海底を見ることができます。
やったね!
おけさ姿のお姉さん(と、しておこう)に漕いでもらえます。

P1070235.jpg

タケオさん、ジナーンは、作業着姿のオジサンに漕いでもらってますw
すごいスピードだけど、絵的にね・・・。

P1070233.jpg

舟の上から見る景色って好きです。
タイの水上マーケット、ベネチアのゴンドラ舟、カンボジアのトンレサップ湖の舟。
大好きです。

P1070228.jpg

矢島・経島へ渡る太鼓橋が架かる。
島も橋もちっちゃくて可愛い。

P1070240.jpg

続いて、お待ちかねの佐渡歴史伝説館へ。
日本庭園らしいけど、やや中華庭園風?
珍しくジナーンがポーズを取って写真を撮らせてくれました。

P1070242.jpg

池を棒高跳びしているのは誰?何の歴史?

P1070243.jpg

歴史も伝説も見ず、入場料も払わずにまっすぐ売店へ。
ジェンキンスさん、黙々と働いていました。
ややお疲れ気味?
私のような興味本位の観光客が来てスミマセン。

P1070254.jpg

ジェンキンスさんへのせめてものお詫びに、太鼓煎餅とサイン本を買う。
こちらで週に5日、金山の資料館とやらで2日、合計週に7日働いているそうです。
いろいろ人の意見はあるもので、働き詰めにならなきゃ割り切れないご苦労があるんでしょうか。
このとき買ったサイン本を読むと、「タダ飯を食ってる」と言われることもあると書いてありました。

P1070260.jpg

メインイベントのジェンキンスさんをぱしゃ号に収め、お昼を食べて両津港へ向かうことに。
今日の昼は、また寿司にするかどうするか・・・と相談をしていて、昨日とんかつ「なかぼり」を通りかかった
ことを思い出す。(私はどこだったか場所は分からないけど、タケオさんは分かるとのこと!さすが!)

なかぼりは、佐渡コミュでたびたび名前があがっていたとんかつ屋さんです。

P1070265.jpg

駐車場があるか聞きに行くと、路駐の場所を教えてくれました!
スバラシイ。
とんかつは、良心的なお値段で柔らかくて大きくて、とってもおいしく満足でした。

P1070263.jpg

天気には恵まれなかったけど、食べ物は最高でした。
【2009/07/26 21:24】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(0) |
 7/20 佐渡旅行 帰路

こんなにいい天気なら、昨日めぐった外海府海岸沿いや大佐渡スカイラインをドライブしたいくらいだったけど、
帰りのフェリーの時間があるので、まっすぐ両津港へ。

P1070267.jpg

フェリーターミナルの横には、青空に映えるおけさ姿の人形が立っていました。
着いたときは雨で気がつきませんでした。

P1070266.jpg

ターミナルのお土産屋さんで、買いたいものがいっぱいあって、自然と猫ファミリーと解散。
へんじんもっこのソーセージ、岩のり、なが藻そば(乾麺)、藻塩、とびうおダシ(液体)と、真剣に買い物。
ちょっと時間が余ったので、展望階(ビヤホール?)にもあがって、港の様子をぱしゃり。

P1070269.jpg

帰りの船は、オケツ(おけさ)丸ではなく、おおさど丸でした。

P1070273.jpg

さようなら、佐渡!
雨だったのが残念だけど、そこは妄想でカバーしておきました。
また行きたいです。

P1070275.jpg

船内で猫が発見した、寅さん!?
風に吹かれて居眠り中です。
タケオさんを撮る振りして、すかさずぱしゃり。

P1070283.jpg

佐渡乳業の自販機。
牛乳は、普通のパックと、トキの絵柄のパックがあります。
島内ではトキパックが見つからず、帰りのフェリーで買うのを楽しみにしていました。

P1070296.jpg

トキパックと、海鳥たち。
またエサのお菓子が欲しくて船についてきます。
新潟港と両津港を行ったりきたりしてるのかしら?

P1070295.jpg

船の屋上?は、子供たちにとって恰好の遊び場になっています。
天気はいいけど、風が心地よいと思っていたら、体が冷え切ってしまいました。

P1070297.jpg

すれ違ったのはオケツ丸かしら?

P1070305.jpg

夕日と船。
ジェットフォイルやら、北海道へ行く新日本海フェリーやら、たくさん船を見ました。

P1070312.jpg

帰りは、口から入って肛門から出ます。
左右バランスを取っているのか、おじさんの左右対称の誘導は絶対です。
フライングすると、慌てておじさんが手を広げて駆け寄って来て止められます。

P1070313.jpg

左右、交互にね!

P1070314.jpg

新潟港について一番にすることは、ガソリン給油。
だって、島は20円ほど単価が高いってことだったもの。
こちらで満タンにして島に渡り、それで観光し、こちらに戻ってくるまで給油なしだもん。

新潟港着が19時ごろだったか。
ガソリンスタンドのお兄さんに新潟ラーメンの美味しいお店を教えてもらい、ナビを参考に向かう。
と、アニータがナビのリモコンを触っていて、なんだか画面がおかしい。
進行方向とナビが合っていないねこ
それがいい人もいるから、そういう機能もあるんだろうけど、運転手のタケオさんと、始終助手席に乗らせて
もらっていた私には見づらくて、アニータにクレーム。
ああだ、こうだと大人に言われ、ちょっと可哀相だったアニータ。

でも、難なく到着。
新潟ラーメン「東横」。
お店のお兄ちゃんにオススメを聞くと、味噌ラーメンだそうです。
濃くて美味しいそうです。

私、味噌ラーメンを食べると咳が止まらなくなるから、濃い目と聞いて大丈夫かなーと思ったけど、
薄め液(塩&鶏っぽい味のスープだった)がついているらしいので、せっかくならオススメの味噌にしてみる。

おいしいじゃんっ!
味噌ラーメンは辛くて喉が痛くなって好きじゃないけど、美味しい!
今まで食べた味噌ラーメンの中で一番美味しい。

麺も、博多ラーメンのような細麺・固麺が好きだけど、このごんぶとも美味しい。
これ、東京でも食べられるかしら?
ぜひもう一度食べたいです。

P1070316.jpg

帰りの高速、東京に近づくにつれ混んできたけど、今日のうちに鳩ヶ谷到着。
3日間、本当にありがとう!
家族旅行に1人だけお邪魔者が付いていって寂しい思いするかなーとか思ったけど、ぜーんぜん。
すっごく楽しかったです。
8月の東北旅行にも付いて行きたいデス。
あぁ、いま失業中なら良かった。

自炊旅行が楽しいって分かったので、夏のダリンとの旅行で提案してみました。
「鳩ちゃんお金ないの?」と心配されたけど、転職で給料が半分になったからその通りだけど、
地元のスーパー行ったり、自炊するのって楽しいんだよ!
【2009/07/26 21:58】 旅行 | トラックバック(-) | コメント(2) |
 不発弾処理 3回目

今日は、朝晩のアサガオの水やり以外、ずーっと家に居ました。
せっせせっせと、佐渡の日記を書いていました。

今朝、なんだか外が騒がしいなーと思って起きたら、また不発弾処理をしていたそうです。
夕方のニュースによると、同じ場所で3回目らしいです。

うちはギリギリ避難範囲じゃないけど、無事に済んだようで良かった。

鳩ヶ谷市

【2009/07/26 22:36】 日々のこと | トラックバック(-) | コメント(0) |
 思い出のメンバー集合

久しぶりに、初あいのりメンバーで集合しました。

タケオさん・猫 ・・・・・ 改めてSADO旅行のときはありがとう。猫、酔いすぎ!
ふくさん    ・・・・・  あいかわらずのとぼけっぷり。とぼけすぎて会話成立せず。
NORIさん   ・・・・・  やっぱり将軍様。酔ってて会話成立せず。アル依存症注意です。

なんだか、こうやって書いてみると半分の人とは会話が成立してないけど、楽しかった。
ぜひぜひまたお誘いくださいな。

私にとって、雪山あいのりデビューの恩人たちです。
揃って雪山に行ける日が来ても来なくても、忘れられない、最高のメンバーです。
これからもよろしくね。 
【2009/07/30 23:53】 日々のこと | トラックバック(-) | コメント(3) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。